勉強しなさいと言わないで、楽しく受験勉強

5年連続受験生の母をしています! どうせなら楽しく受験勉強をしたい! 4人の子供といろいろ試しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時代によって、学校で学ぶ内容って変化してるんですね。

勉強しなさいといわない教育ママ 久美子です。

子供に勉強って面白い!と言わせるママ あられさんが「昔と今の小学校の学習内容の違い」という記事を書いていました。


学習指導要領が変わるというので、新旧の比較はよく見たし、一生懸命勉強もしたんだけど...

1980~1991年って、30年前。

私は1980年にはもう高校生だわ。

私よりもう10年若い人たちの受けた教育ってことかな?

今の若いお母さんたちだよね。

調べてみたら、ゆとり教育って、ちょうどこの頃に始まったんだね。

Wikipedia で調べたら、1980年に改定された学習指導要領が、ゆとり教育のはじまりなんだね。

長女(高3)がゆとり世代バッチリ~って思っていたけど、こんなに早く始まっていたんだね。

1980年にゆとり教育を取り入れた、学習指導要領がでた。

1992年からさらに学習内容が削減された学習指導要領になり、2002年に出された学習指導要領で、完全週休二日になった。

その結果、学力が落ちたって、みんなが騒ぎ出したのが2004年。

学習到達度調査 (PISA)の世界順位が2000年から2003年で、がたっと下がってるんだよね。

読解力 8位→13位

数学  1位→6位

それで、学力低下が叫ばれるようになった。

そこから、脱ゆとりとか言われはじめて....

2006年の学習到達度調査 (PISA)の結果がさらに悪かったため、2008年に学習指導要領が改正され、今年からそれが施行されている。

だから、あられさんのブログにある表は、ゆとり教育を始めたときの学習指導要領とゆとりで下がった学力を何とかするために今年から施行されている学習指導要領の比較ってことです。

今年から施行された学習指導要領については、私一生懸命調べて勉強したんだよ~

このブログにも、その調べた結果書いてます。

1980年にゆとり教育って言いはじめて、その結果がわかったのが2004年か~

24年もかかってるんだね。

子どもの教育の結果がわかるのって、こんなに時間かかるんだ。

そして、修正して施行するのにさらに7年かかってる。

合計30年。

今回の学習指導要領の改訂の結果がわかるのも、20年先?30年先?

そんなことしていて、世界のスピードについていけるんだろうか?

いいと思うものはドンドン取り入れて、試していかないと、この情報化社会では生き残れないんじゃない?

そう思ったから、韓国や中国、シンガポールなど、学力上位の国が取り入れているe-ラーニングを使ってみようって思ったんだよね。

長女が使ってみたら、すぐに点数上がって、志望校に合格しちゃった。

それではまっちゃったんだよね~

国がやってくれるまで待っていたら、世界にドンドン遅れとっちゃうからね。

みんなそう思っているから、塾とか、家庭教師とかに頼っているんじゃないかな?

塾では、e-ラーニング導入しているところ増えてきてる。

いいものは、ドンドン試してみたほうがいいと思う。

日本ではまだ遅れてるけど、世界ではスタンダードになっているe-ラーニング。

あなたのおうちでも試してみませんか?

ここから入ると、2ヶ月無料で使えます。









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト
  1. 2011/11/04(金) 10:15:01|
  2. 学習指導要領
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

情報教育これからの時代すごく大切ですよね!

新しい学習指導要領の「新しい時代に対応した教育を充実します」という項目の中に情報教育:情報の活用、情報モラル というのがありました。

情報教育、大事ですよね。

先日、市が主催する子育てナビというセミナーで携帯やインターネットから子どもを守るための講座を受けてきました。

今の携帯やプロフの現状を突きつけられて、とっても怖くなりました。

インターネットの世界には「ネチケット」と呼ばれる礼儀というか、快適に交流するためのルールがあります。

それを学ばずに、匿名性をいいことに平気で人を傷つける様な書き込みをしたり、プライバシーを侵害したり、個人情報を無防備なまま公開したり。

このままで行くとネット社会の秩序が壊れてしまうんじゃないかって思ってしまいました。

親の世代がパソコン苦手だったり、携帯も使いこなせていないために、しっかり教えられないんですよね。

これから世界に出て戦っていくためには、この情報通信の技術、モラルはとっても大切になってきます。

是非しっかりと学校で教えて欲しいものです。

ただ....先日娘の小学校でこのテーマで先生方と親の語り合う会があったのですが...

先生方、パソコン苦手な方多かった。

少なくとも、その場には、私より詳しい方いなかった。

市から配られたプリントを読んでいるだけって感じでした。

私だって、まだまだだって主人にはいつも怒られているんですよ~

あれで子供達に正しい技術とモラル教えられるのかな~?

ちょっと不安です。


学習指導要領について学ぶシリーズを最初から読みたい方はこちらから。






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/05/08(日) 09:12:24|
  2. 学習指導要領
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域で支える力があれば...

昨日学生時代の施設実習の思い出を載せました。

今日は母親になってからの経験を載せたいと思います。


我が家の近所に特別支援学級のお子さんがいます。

彼は自閉症です。

何年か前に、そのお子さんが行方不明になったことがありました。

確かその子がまだ小学校2年生のときです。

お庭で遊ぶ声がしていたんだけど、お母さんがちょっと目を放した隙にいなくなっちゃいました。

その家のすぐ裏の家のお母さんが、やってきて、「△ちゃんがいなくなったんだって~探すの手伝って~」と声をかけてくれました。

そこで、ここのブロックのお母さんたちで集まりました。

△ちゃんのお母さんの携帯番号教えてもらって、その子の苦手なこととか、注意事項聞いて、見つけたら、声かける前にとにかくお母さんに連絡!!と確認して、みんなで探しました。

学校の先生方も走り回っていました。

私は車で少し遠くまで回ることになり、歩いている方にその子を見なかったか聞きながらまわりました。

すると、「何かあったの?さっきも小学生に聞かれたよ?」って言われました。

うちの娘や高学年の子たちも話を聞いて探していたんです。

△ちゃんは大きな声が苦手だし、突然声かけられたり、捕まれたりしたらパニックになってしまうので、大声で名前を呼んでも、かえって逃げたり隠れたりしてしまう確立高いのです。

一緒に登校している子達はいつも見ているので、見つけても大きな声かけたらだめだよ~とか、大人よりしっかりわかっていました。

それで自転車で近くの人に聞いて回っていたらしいのです。

最近アパートがマイブームで気にしていたらしいから、アパート探してみよう!

危ない空き家や空き地を先に見ておこう!

それぞれが必死でした。

お母さんはもう気の毒なくらい心配して、公園の植え込みの中とか必死で探していました。

私も自治会の組長さんにもお願いして、家の植え込みの影とか、物置のかげにいないか確認させてもらえるようにお願いしました。

みんな快く協力してくれました。

それでも見つからず、とうとう暗くなってきて、先生方から小学生はもう家に帰るようにと通達がありました。

私も回りながら小中学生に出会ったら家に戻るよう声をかけました。

すると携帯電話が鳴りました。

小学校からの呼び出しでした。

そのとき私はPTAの本部役員をしていたので、PTAを総動員して動く準備のための呼び出しでした。

学校について、数名の役員さんとどう動くのか、話していると、電話がなりました。

みんな電話に注目しました。

教頭先生が「すぐ確認おねがいします。」といっていました。

隣の学区のはずれで警察が小学生を保護したので、本人かどうか確認に行くとのこと。

動くのはその結果を待ってからということに。

なが~く感じた待ち時間のあと、「△ちゃんでした!」との連絡が!

職員室に詰めていた先生方とPTA役員は喜びの声を上げました。

まだ探している人にすぐ知らせないと...ということで協力をお願いしていた方々にすぐ連絡。

私も自治会の組長さんや動いていた近所のお母さんたちに連絡するため、すぐ学校を出ました。

みんなに見つかったことを知らせて、よかったね~といっているところに、△ちゃんが車で帰ってきました。

支援学級の担任の先生が目に涙をためていて、お母さんも泣いていました。

お母さんはみんなに深々と頭を下げて、そこにいた方々に簡単に事情を説明して、「皆さん本当にありがとうございました!」と声をかけて△ちゃんと一緒に家に入って行きました。

何キロも離れた隣の学区のはずれで水路に落ちて、ぬれてしまったので、服を脱いで歩いていたそうです。

そのおかげで「はだかで歩いている子がいます!」と通報があり、保護されたそうです。

もし服を脱いでいなかったら、保護されることはなかったかもしれない...

いまどき小学生が一人で歩いていても声をかける人は少ないです。

声をかけられても、△ちゃんは逃げるだろうし...

とにかく見つかってよかった。

私はこのとき、この地区に住んでいてよかったと思いました。

あっという間に忙しい夕飯の準備の時間に、10人以上のお母さんたちがすぐに集まって動いてくれたんです。

もちろん△ちゃんのお母さんの人徳もありますが、地域のつながりがあったからもあるのかな...と思います。

ちょうど、その前の週にハロウィンがあって、近所の一緒に登校している子どもたちで自発的に計画して、それぞれの家を回ってお菓子をもらおうということになり、20人くらいの子どもたちが家々を回って歩いたところでした。

△ちゃんはいっしょに夜回るのは無理だったんだけど、△ちゃんのお母さんはみんなの分のお菓子ちゃんと用意して玄関で待ってくれてました。

親もいっしょに回っていたので、△ちゃんのお母さんの心遣いにみんな感謝していました。

その企画も2年目になっていて、子どもたちも親たちもちょっと地区の子どもたちや親の顔やそれぞれの家を覚え始めていたんです。

こういうの自発的にできるっていいな~と思っていたところに、この件があって、みんなすぐ飛んできてくれて、なんかすごく心強かったです。

自治会のかたがたもそれぞれ声掛け合って、近所の庭とかチェックしてくださっていました。

見つかったと報告に行ったときも、みんな顔出して声かけてくれました。

「そうか~よかった~」

「じゃあ、みんなに知らせてくるわ~こっちはまかせて~」

「ご苦労様~」

...って、みんな暖かかったです。

この地区にいてよかった~って思いました。

子どもを育てていく上で、地域の力って、本当にありがたいな~って思います。

普段はあまり会うこともなくて、挨拶するのだってごみを捨てるときにあった人くらいなんだけど、組長をして、会費集めて回ったり、市報を配ったりしていたおかげで自治会の人にも声かけられたんだと思う。

地域とつながるってこともすごく大切ですね。

今年は主人が自治会の書記をやらせてもらっています。

しっかりやらせてもらおうと思います。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/05/07(土) 00:06:32|
  2. 学習指導要領
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子どもと一緒に夕日を眺めてみませんか?

学習指導要領について学んでいたとき、子供の自然体験の少なさに愕然としました。

今日はそのときの記事をちょこっと手直しして載せたいと思います。


学習指導要領の資料に載っていた、子どもたちの現状というアンケート。

「太陽が昇るところや沈むところをみたことがほとんどない」というのが、H10 33.6% H17 43.1%となっていました。

43.1%の子が日の出や日の入りを見たことがない!!
信じられない....

これは小学2年、4年、中学2年の子どもに行ったアンケートだそうですが..

日の出はともかく、日の入り見たことないって、どういうこと?

みんな外で遊んでいないってことですか?

日が暮れたらおうちに帰るっていう経験ないのかな?

日の入り見たことないんだもんね...

夕焼けや、太陽が真っ赤になって沈んでいくところみたことないんだよね..

あ~もう太陽が山に沈み始めたからかえらなきゃとか...ないのかな?

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法

塾通いしているにしたって、夕陽を見る時間に外にいることあるだろうに...

空なんてゆっくり見ている余裕がないってことなんだろうか?

日の出は確かに意識してみようとしないとなかなか見られないかもしれないけど、お正月に家族で初日の出とか見に行ったりしないのかな?

私は子どものころ、紅白終わったらすぐ寝て、初日の出見るドライブに連れて行ってもらうの楽しみでした。

時間があれば海まで、時間がないときは山の上に上ってみたものです。

最近ではフェリーで実家に行くときに海上で船から日の出を見るのが楽しみです。

早起きした誰かがみんなを起こすことになっていて、みんなで寝坊すると、みんなすごく残念な気持ちになります!!

夕陽はオレンジ色だけど、朝日ってちょっとピンクがかっているんですよね。

ゆっくり眺めていると、朝日も夕陽もどっちも感動しますよね。

それをみたことがない子が43.1%って、悲しすぎます。


エコプロジェクト!とかいろんなところでやっているけど、子どもたちが自然の素晴らしさ、美しさを心から感じられなければ、本当のエコなんてひろまっていかないんじゃないかなぁ。


主人の実家の沖縄に行くと、いつも子どもたちと夕陽の写真を取りに海辺を回ります。

海に沈む夕陽をじっと見ているのってすごく素敵ですよ。

このブログに載せた写真はみんな私が宮古で撮ってきたものです。

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法


エメラルドグリーンの海の色に少しずつ赤(というかサーモンピンクかな~)が混ざっていって、最後はオレンジとクロの世界になるまでの色の変化がとってもきれいです。

宮古島に行くといつも時間の流れが変わる気がするんですよね。

ゆっくりと自然を感じる時間をとっているからかな?

たまにはそんな時間とるのって大切だと思います。

沖縄まで行くなんて簡単にはできないけど...

せっかくのゴールデンウィークです。

たまにはゆっくり空を見上げてみませんか?

沈む夕陽を子どもと一緒に眺めてみませんか?

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/05/05(木) 09:37:07|
  2. 学習指導要領
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新学習指導要領がはじまりましたね。

勉強しなさいといわない教育ママ久美子です。

いよいよ子の4月から新しい学習指導要領が施行されましたね。

今までとの変化、感じますか?


小学校からのお便りに新しい時間数が書いてありました。

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法

全体では278時間増えてますね。

英語が増えましたからね。

あと増えたのは、算数、国語、体育、理科、社会。

減ったのは総合だけですね。

教科書も今までよりもページ数が増えたんだそうです。

小学校からPTAに今年から学習内容が増えて、総合の時間が減ったので、学年行事は、なくして欲しいとお話がありました。

時間的な余裕があんまりなくなったってことですかね。

進むスピードも速くなるのかな?

わからないまま過ぎてしまわないように...

おうちでもしっかり復習させてあげたいです。

学習指導要領が変わるって聞いて、一生懸命調べて勉強して、ブログに書いていたんですよ~

そのときの記事はこちらから読めます。





学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/04/24(日) 13:37:11|
  2. 学習指導要領
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:勉強しなさいといわない教育ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
勉強を楽しむ (143)
学習情報 (113)
イーラーニングとは? (7)
フォルスの推薦理由 (25)
体験談 (11)
おすすめ絵本 (45)
ブログ (73)
自己紹介 (7)
フォルスクラブ情報 (98)
子育て (117)
お家で勉強して中学受験合格日記 (49)
夏休みのお勉強 (16)
受験情報 (67)
お気に入りブログ紹介 (52)
学習指導要領 (41)
教頭先生の母親教室 (15)
平均点以上とる方法 (12)
学校生活 (68)
思春期の子どもを理解するために (10)
勉強しなさいと言わないために (17)
中学受験算数日記 (14)
読み聞かせ (12)
音感育脳 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

FORCE Club ユーザー募集
フリープランは、2013/1/6で終了しました。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。