勉強しなさいと言わないで、楽しく受験勉強

5年連続受験生の母をしています! どうせなら楽しく受験勉強をしたい! 4人の子供といろいろ試しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

由美の決心

由美ちゃんの附属中学受験について、私が野口ちゃんに聞いたりしていろいろ調べている頃、由美ちゃんは何をしていたのでしょう。

買ってきた算数のテキストとにらめっこしていました。

『これは、まずい。かなり難しい。

こんな問題が出るんじゃ、合格なんか無理なんじゃないかな?』

今までやったこともない問題ばかり並んでいるのを見て、かなりあせっていました。

『合格できないと...あの先輩たちのいる中学に行くことになっちゃう。

何とかしなくちゃ。

でも、うち子供4人いるから、塾にはいけない。

自分で何とかしなくちゃ。

難しそうだけど、とにかく、やってみるしかない!』

覚悟を決めて、難しそうな問題にチャレンジ!

いろんな方法を考えて、必死で解いてみました。

難しいけど、やってみたら、面白いかも。

だめでもともと。やるだけやってみよう!

「本当に受験するんだね?」

私がそうたずねた頃には、由美の心は決まっていたのでした。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) 21:00:01|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サッカー日本代表おめでとう!感動しました~!!

受験を楽しむ母久美子です。

今日はねむ~い一日でした。

だって~。昨夜遅くまでサッカーの応援してたんだもん。

すごくいい試合だった。

感動して長女と抱き合って泣いちゃいました。

何度も危ないシーンあったけど、川島もバックスの選手たちも本当によくしのいだ。

川島のスーパーセーブも何度もありました。

ツイッターでプリキュアをもじって「ボールキャッチ川島」なんていわれてるそうです。←長女の情報

そして、延長後半のあのゴ~~~ル!!

美しかったです。

長友の突破とセンタリングがすばらしかった。

そして、それにジャストミートした李。

何度見てもスカッとします。

点数とった後もコーナーキックが何回もあって、ハラハラしどおし。

試合終了のホイッスルがなったとき、ホッとして涙が出ちゃったよ~

サポーターは12番目の選手というけれど、オンタイムで応援していると、本当に選手と一緒に闘っている気がします。

そして、一緒に感動できるんですよね。

おととい、学生時代に学んだこと何を覚えているかって記事を書きました。

部活の思い出ばかりって書いたけど...

私、高校時代はサッカー部のマネージャーだったんですよね。

サッカーを通していろんなこと感じて、いろんなこと学びました。

PKになって、心臓が止まりそうな思いでベンチからみつめていたこともあった。

終了間際に1点取って、終了の笛で大喜びしたこともあった。

力及ばず、敗退して、下を向いて歩いていく選手の背中に涙したこともあった。

青春って感じですよ~

私の青春はサッカーだったな~。

昨夜はパパと長女と一緒にTV で応援していました。

それでもいっしょにハラハラして、ドキドキして、感動して泣きました。

感動を共有できるって、とってもいいですよね。

そのときの感動を話し合えるし、分かち合えるから。

一緒に分かち合える、感動体験があることで、絆が強くなった気がします。

それに、勇気と元気をいっぱいもらえました。

サッカー日本代表の皆さん。

感動をありがとう!!!








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/30(日) 20:43:40|
  2. 勉強を楽しむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

それでもやっぱり受験したい

翌日、ごはんのあと、当時2歳だった、なごみちゃんを寝かしつけてから、由美ちゃんとゆっくり話をしました。

「あのね、昨日、あやちゃんのお母さんに受験のこといろいろ聞いてきたんだ。」

「ふ~ん。あやちゃんも受験するんだ~」

「あやちゃんはね、4年生のときからずっと塾の中学受験クラスに通ってたんだって。」

「へぇ~4年生から。すごいね。」

「受験する子はたいていみんな4年生から塾に行っていたらしいよ」

「そうなんだ。」

「受験の問題の算数って、学校で習ってないことばかりなんだって。だから、特別なクラスで4年生から勉強するんだって。」

「だから、算数の問題あんなに難しかったんだ。」

「それにね、今からじゃぁ、入れてくれる塾はないらしいの。」

「最初から塾に行くつもりなんてなかったよ。」

「そう?」

「この間買ったテキストで勉強して、あの問題が解けるようになればいいんだよね?」

「う~ん。まだお母さんもよく調べていないけど、附属は私立よりも基本的な問題が多いって言ってたよ。」

「そうか。じゃあ、解けるようになるまで何回もやらないとね。」

「一緒に受験する子は、みんな4年生から塾で勉強してきてるんだよ。今からじゃ、合格する可能性はとっても低いと思う。遅れてはじめるんだから、ほかの子の何倍もがんばらないといけないよ。」

「わかった。じゃあ、すぐはじめたほうがいいよね。」

「本当に受験するんだね?」

「うん。やってみたい。」

「じゃあ、お母さんも一緒に勉強するね。頭のたいそうクイズみたいで面白そうだし。」

「うん。まずは算数だね。」

由美はさっそくノートと筆箱を取りに行きました。

そしてこの日から受験勉強が始まったのでした。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/30(日) 09:49:51|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小学2年生だって英語わかるんだね

受験を楽しむ母です。

うちの末娘が今日一生懸命パソコンで英語のお勉強をしています。

今やっている、フォルスクラブの学習システムでは、単元が終わるごとに点数によってコインがたまっていきます。

毎月1日から31日までの間に300枚のコインをためると、もれなく1000円の図書カードがもらえるんです。

もう月末なのに、まだ300枚コインがたまっていない末娘は、今必死でコインをためているわけです。

コインをためるのに一番早いのが英語のABCを順番にタイピングしていく単元。

コイン早くためたいときはこれを何回もやってますね。

でも、それだけじゃあ、もったいない。

今日は英語の文章の並び替えもがんばってやっています。

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法

こんな風に単語がバラバラになっているのを、文章にしたときの順番にクリックして並べていくの。

この問題だったら...

This is a pen.

って並べていく。

文章ができたら、右下の一番下の「判定」のボタンをクリックする。

正解したら「ピンポ~ン」ってなるんです。

そして、右下の一番上のボタンを押すと発音が聞ける。

これを何回も聞いて、まねしてます。

ネイティブな発音で練習できるのっていいですよ。

さっきね、小学2年の娘がこれやっていて、こんなこというんですよ。

「おかあさん、りんごの時は、This is an apple.ってなってね、アップルがナップルに聞こえるんだよ~!ほら、聞いてみて!」

子供の耳はいいですからね~

ちゃんと細かいところまで聞きわけてるんだなあ~って感心しました。

何で「an」になるのかはまだわかってないと思うけど、それでもこうやって聞いて覚えていたら、後々らくだよね。

これ何回かやらせると、画面見せないで英語の音声だけ聞かせても、ちゃんと意味わかるようになってる。

小学2年生でも英語わかるよ~

フォルスクラブに登録している方はぜひやってみてあげてください。

音声だけ聞かせて意味わかったときは、できたこと認めてあげてくださいね。

すご~い!って言われたら、自信ついていくと思いますよ。

フォルスクラブに興味がある方はこの記事に詳しく書いているから読んでみてね。









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/29(土) 15:03:22|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受験させるべきか?やめるべきか?

野口ちゃんと話して家に帰った私。

ちょっと考え込みました。

私って本当に中学受験のこと何にも知らなかった。

受験する子は、みんな4年生から毎週塾に通って、みっちり準備してきてるんだ。

それに、今からじゃあ通える塾もない。

それって、塾としても今からじゃ、受験の準備間に合わないって思っているからってことだよね。

それなのに簡単に「受験してみたら?」とか言っちゃって....

どうしよう。

由美ちゃんだって、中学受験がどんなものか、みんながどんなに前から厳しい勉強してきたか、知らないよね。

今から合格したら奇跡だよ。ほとんど可能性ないよね。

それでも、せっかくやる気になったのに、このままやめさせていいものか...

夜にパパが帰ってきたので、パパに相談しました。

パパは典型的なB型で、人目を気にしないタイプ。

「いいじゃん、やるだけやってみたら。落ちたって特にリスクあるわけじゃないし。」

「うん。そうなんだけど...。落ちたら自身失って勉強嫌いになっちゃったらどうしよう?」

「ハハハ、心配しすぎ。やりたくないって言うの無理やりやらせるならともかく、本人受けたいって言ってるんだろ?」

「うん。給食につられてるだけかもしれないけどね。」

「それでもいいじゃん。挑戦しないで後悔するよりは、挑戦して落ちたほうががよっぽどいいって。」

「そうかもね...」

「合格するだけが目的じゃないだろ?力試しに軽い気持ちで受けるっていうのもありなんじゃないのか?」

「受験勉強すれば、小学校の復習になるしね。公立に行くにしても、勉強したことは役に立つよね。」

「まずは本人にちゃんと聞いてみよう」

「うん。明日はなしてみる」

今から受験するなんて、とっても無謀なことはわかった。

それがわかった上で、受験するのかしないのか。

本人のやる気次第だよね。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/29(土) 11:00:27|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

学んだことで、今でも覚えていること

受験を楽しむ母久美子です。

皆さん、学生の頃学んだこと覚えていますか?

学生時代学んだことで、なにが一番心に残っていますか?

長女に聞いてみました。

中学1年のときにやった理科の実験が一番心に残っているそうです。

アンモニアの噴水とか。

原理がわかっていても、やっぱり見ると感動する。んだって。

その頃の理科の授業は、授業が終わってからも先生にまとわりついて、思ったこといろいろ話してたんだって。

それで、「私、科学が好きかも!」って思って高専に行く道を選んでしまったらしい。

それから、やっぱり中学の音楽の先生。

印象に残るというより、心にしみているんだって。

その先生を思い出すと、ネクタイを締めなおしたくなる感じなんだって。

音楽に対する姿勢とか、伝えること、表現すること、歌うこと。

その先生を通して、高い標準を求められて、しんどいのと、うれしいのと両方知ったんだって。

それから、音楽に対して敬意を払うようになったんだって。

後、車に乗ると、ちずさんの声が聞こえてくるんだって。

「挨拶できない子はおくってかんよ!」

幼稚園のとき、毎日送り迎えしてもらってたからね。

私は....なに覚えてるかな?

小学4年のとき、おなかこわして、学校で下痢しちゃって、それをクラスの男の子にからかわれて、つらくて、学校に行きたくなくなったときの担任の先生の言葉かな。

「大丈夫。先生がついているから、安心して学校においで。」

あの時、逃げたらいけないって思った。そして、先生がいてくれる安心感すごく感じた。

一生忘れられないな~

あと、高校1年のときの数学の先生の言葉がなぜか心に残ってる。

「数学で証明できないものは何もない。すべてのものは数学的に証明できるんです。今、私は休みの日にはルービックキューブの証明をしているんです。興味深いですよ。」

あとは、部活の思い出ばかりだな~。

保育の専門学校で学んだことは、子育てをしていると、時々ふっと先生の言葉が浮かんでくることあるな。

学生時代を振り返ると、心に残っているのは、学んだ知識そのものより、そこで出会った人たちの生き様とか、姿勢とか、価値観とか、その人とぶつかってみて感じた思いとかのほうが心に残ってます。

心に残るのは、知識より感動なのかも。

何でこんなこと考えたかというとこの記事を読んだからです。

この記事の中のこの言葉が心にじ~んと来たんです。

教育とは

学校で習ったすべてのことを忘れてしまった後に

自分の心の中に残るものを言う

~アインシュタイン~


子供たちと一緒に感動する経験を積み重ねていきたいな~って思ってます。

そうしたら、受験だって、本当に楽しくなると思います。

次は、『成績のいい子のお母さんたちの特徴』







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/28(金) 20:55:11|
  2. 勉強を楽しむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

孤育てについて話したこと

今日、小学校の読み聞かせに来ていた方たちと、「弧育て」について話しました。

一人は私と同世代で、ずっと地元にいるお母さん。

もう一人は子育てが終わって、ボランティアに力を注いでいる先輩お母さんです。

「子育てタクシーっていうのがあるんだって」

「なに、それ?」

「お母さんが忙しいときに、子供を送迎してくれるタクシー」

「子供がタクシー使うわけ?なんか信じられない」

「どうしてもお母さんが仕事で抜けられないときとか、学童まで迎えに来て、塾まで送ってくれるんだって。」

「私はわかるわ~。女性だって仕事していれば、抜けられないことあるものね。そんな時、お金払ってでも、助けてほしいって思うわよね。」

「う~~~ん。なんか納得できない。」


「女性が働いていこうと思ったら、どうしてもぶつかる問題よね。

でも、仕事やめて子育てに専念すればそれで解決かといえば、そうでもないのよね。

お母さんだって、自分の夢だってあるだろうし、自分を犠牲にしていると苦しくなるわよね~

鈴鹿には、最近は子育て支援の団体ができたけど、それだって知らない人もいるのよね。」


「私もここに来たばかりのころは、知ってる人いなくて、とっても不安だった。

お金払ってでも助けてほしいって思ったこともあったな」


「ええ~っ!?久美子さんが?なんか想像つかないな。」


「今は友達たくさんできたから、困ったときにSOS出せるところもたくさんあるんだけど、来たばかりのころは孤独だったよ。」

「孤独かぁ~」

同世代のお母さんは最後までなんか納得できないな~って言いながら帰っていきました。

「じゃあ、また~」

先輩お母さんは素敵な笑顔で帰っていきました。

生まれた町で育って、そこに住んでいたら、その町のことわからなくて、不安で孤独になる気持ちって、わからないのかもしれないね。

先輩お母さんは、ほかの小学校でも、図書館でもボランティアしているんです。

子供たちを見る目がとっても優しいの。

世代が違っても、子供たちを思う気持ちが一緒なら、協力して子供たちのためにがんばっていけるって感じました。

以前、ちずさんが、教育協議会で、私と同じように、

「今の親はなっていない!」

と叱られたときに、

「その親たちを育てたのはどの世代でしょうね?」

って発言して、皆さんを黙らせたことがあったんだって。

それを聞いたときは、よくぞ言ってくれた!ってスッキリしちゃった。

だけど...まだまだだね私。

今日の先輩お母さんのように、静かに、押し付けることなく、子供たちのために活動し続けている人もいるんだよね。

世代間でけんかしている場合じゃないよね。

子供たちのためにできること、それぞれが考えて、協力して守っていってあげないと...

人間は、人間に育てられないと人間にならないんです。

発達心理学の授業でそう学びました。

まずは大人が協力している姿を子供たちに見せてあげたいです。

そのために、少しずつでもいい、信じられる仲間を増やしていきたいと思います。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/28(金) 19:00:00|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学受験は4年生から準備するのが当たり前

よし、由美ちゃんに附属中学受験させよう!

そう思ったのは、由美が小学6年の夏休みでした。

こうなったら、この夏休みに少しでも小学校の勉強の復習をしておかなくちゃ!

どんなテキストがいいかな?

「由美ちゃん、一緒に中学受験のテキスト選びに行こうか?」

「OK~!」

二人で一緒に近所の大きな本屋に行きました。

「中学受験用の本いっぱいあるね~どれがいい?」

「う~~ん。これがわかりやすそうかも」

そのとき選んだのがこのシリーズ。

算数ベストチェック―中学受験用 (日能研ブックス)/著者不明

¥945
Amazon.co.jp

理科メモリーチェック―中学受験用 (日能研ブックス)/著者不明

¥945
Amazon.co.jp

社会メモリーチェック―中学受験用 (日能研ブックス)/日能研教務部

¥945
Amazon.co.jp

国語ベストチェック―中学受験用 (日能研ブックス)/著者不明

¥1,050
Amazon.co.jp

家に帰るとすぐ、テキストぱらぱらと見てみました。

国語...漢字しっかり復習しなくちゃ。

社会...覚えることいっぱいあるな~

理科...結構、難しい問題も出るんだね。

算数...これ...なに?こんなの学校で習ってるの?

算数のテキストをめくってびっくり。

小学校で習ってきたことなんて、ほんの一部。

ほとんどが応用問題や発展問題で使う公式。

よくTVの平成教育委員会とかでやっているような問題が並んでる。

こんな問題、解かないといけないの?

どうしよう...塾に行ったほうがいいのかな?

そのとき、一人のお母さんの顔が心に浮かびました。

たしか、野口ちゃん、あやちゃんに私立の女子中受験させるって、ずっと塾通わせてたよね~

PTAで仲良くなった野口ちゃんに連絡して、会って話すことにしました。

「山田ちゃん、今から受験するんだって~すごい勇気だね。」

「やっぱり、今からじゃ無理かな~」

「無理ってことはないけど、大変だよね。特に算数かな。」

「やっぱり。問題集買ったんだけど、算数って学校でやってないことだらけだよね。」

「中学受験の算数は、学校でやるのとは全然レベル違うからね。」

「問題見たけど、学校でやっているのとは次元違うよね。」

「そう、塾じゃないと教えてくれない。」

「塾か~」

「受験させたい親は、そのために毎月3万も払って4年生から塾に通うんだもの。」

「塾行かないとだめかな?」

「今から入れる塾見つけるの難しいと思うな~」

「やっぱり今からじゃ無理...なのかな?」

「有名私立は無理だろうけど、附属は基本的な問題が多いから、今からでも何とかなるんじゃない?」

「本当にそう思う?」

「はっきり言って、有名私立は無理だと思う。でも、附属なら、少しは可能性あると思うよ。

受けないで、あとで後悔するよりは、だめもとでも、受けさせてあげたほうがいいんじゃない?」

「そうだね。落ちても公立にいけなくなるわけじゃないものね。」

「そう、そう、そこが救いだよね~。あやも滑り止めに附属も受ける予定だから、ちずさんも一緒に3人で願書もらいに行こう。」

「ホント!助かる。塾行ってないから何の情報もないんだよね。」

「任せといて!いっしょにがんばろう!」

「ありがとう。よろしくね。」

こうして、野口ちゃんは、私たち親子の受験情報源になりました。

塾でもらってきた附属の入試情報は、すぐに教えてくれたんです。

本当に助かりました。

今思うと、本当に無謀ですよね。

何の情報もなく、塾にも行かず、小学6年の夏休みに突然の中学受験宣言。

そのときは、何にも知らなかったから、できたのかもしれません。

ただ、このとき、「本当に、中学受験する子たちは、みんな、小学4年から、塾に通って準備しているんだ」ってことは、実感しました。

それに、いまさら通える塾もないってことも。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円




  1. 2011/01/28(金) 18:45:45|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孤育ての時代なんですね

受験を楽しむ母久美子です。

長女の受験のために、今の時期だけ新聞を取っています。

受験に使われることの多いといわれている朝日新聞です。

1月26日の生活欄に「子どもの送迎」についての記事がありました。

大阪の「ぽっかぽか」という子育て支援NPOの話と京都の子育てタクシーの話が載っていました。

おじいちゃんおばちゃんと離れて暮らしていて、共働きをしていると、子供の送迎ができない。

子どもが急に熱を出しても、迎えに行くことができない。

そんなときにぽっかぽかに助けられたんだって。

「ぽっかぽかは心の支え。なかったら今の仕事は続けられず、私も壊れてしまいそう」

わかるな~この気持ち。

私も主人の実家とも、自分の実家とも、離れたところで暮らしてます。

主人の転勤で鈴鹿に来たときは、知っている人一人もいなかったの。

2歳になったばかりの長女と、生まれて一ヶ月の次女を抱えて、不安でたまらなかったよ。

買い物をするのも、病院を探すのも、どこに行けばいいのか、わからなかったもん。

本当に孤立していたなぁ。

主人の仕事中何かあっても、相談できる人が一人もいなかったの。

公園に行ってみたけど、夏で、熱くて、誰も来ていなかった。

その前に住んでいた横浜では、夏でも冬でも、午前中に公園に行けば、たいてい、誰かいたのよね。

そこで、いろんな情報交換できたのに、鈴鹿にきたら、目の前に大きくていい公園があるのに、誰も遊んでいないの。

なんかすご~くさみしかったの覚えています。

長女が幼稚園に行くようになって、必死でママ友作ったんだよね~

誰かとつながることに飢えていたんだと思います。

話できる人がいることがすごくうれしかった。


「おうちで勉強して中学受験合格日記」に書いている、ちずさんともこのときに出会ったの。

そうしたら、ちずさんのおかげで、あっという間に知り合いが増えていった。

PTAとか、ボランティアとか、生協とか。

長男が生まれたばかりだったから、送り迎えも全部、ちずさんが助けてくれたの。

本当に助かったんだよ。

そのころからずっと、お互いに、何かあったら助け合っているの。

遠くの親戚より、近くの他人ってよく言ったものだなぁって思うよ。

ちずさんの家族は他人だけど、何年かに一度しか会わない親戚より、ずっと頼りにしてるもん。

新聞には、京都の「子育てタクシー」のことも載っていました。

お母さんが仕事で、送り迎えができないときに、子どもを塾や習い事に送迎してくれるんだって。

全国で97社、約1100人の運転手さんが登録しているんだって。


昔のように、ご近所はみんな知っている人ばかりで、子どもを見たら、どこどこのだれだれちゃんって、みんなの名前いえるような、地域のつながりは、なくなって来ているんですよね。

PTAの役員をしているときに、教育協議会というのがあって、地域の方々との会議があったんです。

「登下校中、子どもが一人でいるので心配で声をかけても、黙って逃げていってしまう。挨拶くらいできないのか!今の親は何を教育しているんだ!」

と、PTAがお叱りを受けました。

でもね~ちょうどそのちょっと前に下校中に女の子が連れ去られて殺される事件があったんです。

その犯人が、前に鈴鹿にもいたことがあったってことがわかって、お母さんたちみんなとっても怖がっていたの。

「知らない人に話しかけられたら、逃げなさい。」

「知らない人に声かけられても絶対ついて行っちゃだめよ!」

みんな必死で子どもたちにそう、教えていたんだよね。


近所のおじいちゃんが声かけてくれても、よっぽど親しくしていない限り、逃げるよねぇ~。

地域の方の善意を信じきれない。

でも、お金を払って契約したタクシーの運転手さんには子どもを預けるんだよね。

誰を信じたらいいのか、誰に頼ったらいいのか。

本当に孤独に子育てをしている、「孤育てママ」が増えているのは事実なんだろうな~って思います。


なんか、悲しいですけど。

いろんな事考えさせられる記事でした。









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/27(木) 19:05:40|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

おうちで勉強して中学受験合格日記 5

「受験してみるのもいいかもね~」

「そうだね~受験してみようかな~」

「そう?じゃあ、勉強しなくちゃね。」

中学受験について、由美ちゃんと私が、こんな会話を交わしていたのは、由美ちゃんが小学6年生の、夏休みのはじめでした。

中学の入試なんだから、出題範囲は小学校で習ったことだよね~

今から始めて、6年分の復習間に合うかな~

....あのころは、こんな悠長なこと考えていました。

深美ちゃんのお母さんの、ちずさんに、早速お伺いを立ててみました。

「うちの由美がね、深美ちゃんと一緒の中学受けたいなぁって言い出したんだけど...」

「受験する子は、みんな4年生くらいから塾に通ってるけど、由美ちゃんなら、いまからでもいけるかもね。」

「えっ?みんなそんなに早くから塾通ってるの?」

「中学受験するなら、4年生から準備始めるっていうのは常識だよ~」

「....そうなんだ。じゃぁ今からじゃ、とっても無理だね。」

「そんなん、やってみなくちゃわからないじゃない。せっかくやる気になったんだったら、一緒に受けさせてみようよ!」

ここで、ちずさんが、こういってくれなかったら、由美は受験することはなかったでしょう。

でも、ちずさんはとってもポジティブ思考な方なの。

「子供の可能性を親がつぶしちゃだめよ~!」って、しかられました。

「そうだよね、何事もやってみなくちゃわからないよね。やる前からあきらめるなんて、もったいない。」

ちずさんのポジティブ志向に影響を受け、私の前向き思考にも拍車がかかり、受験に突入!

...となっていくのでした。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/27(木) 16:37:22|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本、韓国に勝利!川島、かっこよすぎです!

「フィールドの選手が120分間頑張ってくれた。今度は自分がやる番だと思った」

昨日のサッカーアジアカップ準決勝のあとの川島のコメントです。

いや~かっこいいな~

私の大好きな、川口能活がヨルダン戦で中村俊介と三都主がはずして、もうだめだというときに、スーパーセーブを連続して、最終的に優勝したアジアカップを思い出しました。

あのときの能活のコメントもかっこよかったな。

「僕は、みんながもうだめだと諦めそうになる場面こそ、いや、そんなことはないて思うんです。」

「人間というのは本当に追い込まれた時に普段、出ないような力を出せるんです。」


TVで特集をしていたときに、能活が当時を回想して言っていたコメントが、またかっこよかった。

緊張しませんでしたか?という趣旨の質問に対して、確かこんなこといってた。

「ここで止めればヒーローだって、わくわくしました。」

(コメント検索したんだけど、見つけられなかったから、私の記憶に基づいています)

超ポジティブ思考ですよね。

ここまで来るとかっこいいとしか言いようがない。

受験も一発勝負。

今まで勉強してきた努力が、たった一回のテストで決められてしまう

そこでプレッシャーを感じて力を出せなくなってしまう人もいますよね

どんなに追い詰められたときでも、「ここで決めればヒーロー!」ってわくわくできたらどんないいでしょう。

昨日、川島はやってくれました。

今度はあなたの番かもしれない

模擬試験の結果がどうだって関係ない。

本番の試験で一発決めればいいんです。


やるときはやらないと!

ビビらないで、胸張って、底力見せてくださいね。

がんばれ日本!がんばれ受験生!!









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/26(水) 15:27:38|
  2. 勉強を楽しむ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おうちで勉強して中学受験合格日記 4

母がせっせと附属中学校の情報を検索して、費用を計算していたころ、由美は何を考えていたのでしょう。

実は由美にはとっても苦手な先輩たちがいました。

いっこ上の先輩たちで、廊下で会うとけられたり、殴られたり....

なんでかわからないけど、嫌われてたんです。

6年生になって、先輩たちが卒業して、そのいじめから解放された。

ほっとして、すっかり忘れてたけど、中学いったら、またあの先輩たちと一緒なんだ....

もし、付属中に合格できたら、あの先輩たちはいない!

そのことに気がついたのでした。

そして、ゆげのたつ、あたたかい給食付ラーメン

それっていいことだらけじゃない?

でも、お金かかるんなら、無理だよな~

そう思っていたとき....

「受験してみるのもいいかもね~」

お母さんの一言。

え?受験していいの?ほんとに?

中学受験事情を知らなかったから...

受験する→付属中にいける→いやな先輩がいない。おいしい給食。

と夢がふくらむ由美ちゃんでした。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/26(水) 13:10:29|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おうちで勉強して中学受験合格日記 3

給食につられて、受験を考え出した私たち。

まずは本当に給食があるのか、どのくらいお金かかるか、調べてみることにしました。

ネットで検索。

出てきました~地元の国立大の付属中学です。

本当に給食ある~!

でも、水曜日だけはお弁当なのね。

ついでに受検しなかったら行くはずの中学のサイトも検索。

へ~。授業料はかわらない...というか、附属のほうが安いんだ~

附属は給食費入れてこの値段なんだもんね。

でも、電車賃がかかるから、ちょっと高くなるかな?

それでもこのくらいなら出せるな~

我が家の経理部長としてはまずは予算を考えないとね。

受験をして中学行くなんて予算的に無理!と思い込んでいたので、今まで考えもしなかった。

でも、国立大学の附属中学なら、公立中学と変わらない予算でいけるんだね!

考えてみれば、国立なんだから、当たり前なんだけどね。

なんか、目からうろこでした。

思い込みって怖いよね。

受験していく中学はみんな授業料が高いって思い込んでたんですよね~

同じくらいの授業料で、お弁当作らなくってもよくて、おまけに4クラスで、教生もたくさん来るから勉強するにもいい環境。

これっていいこと尽くしじゃない?

だめもとで受験してみるのもいいかも!

中学受験事情をぜんぜん知らなかった私は、深く考えず、かる~いのりで由美ちゃんに、「受験してみるのもいいかもね~」といってしまったのでした。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円


  1. 2011/01/25(火) 22:45:00|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はSkypeで英語の勉強しちゃいました

先週から始まった、田渕さんのコンサルで知り合ったブログ仲間のSkypeミーティング。

今日も参加しちゃいました。

今日は、瀬利先生のSkype、英語講座がありました。

こちらのブログに書いてある英文を読んで、それを訳すんですよ~

当てれたらどうしよう!ってどきどきしちゃいました。

こんなの学生時代以来ですよ~。

何年ぶりかな?緊張しちゃった。

当たらなくてよかった~

こうやってみんなでいろんなことやって、Skypeをどんな風に使えるか実験してます。

楽しそうでしょ?

1時間ほどで、終わったんですけど....

そのあとまたコールが。

あれ?今日は私がホストだったんだけどな?

誰がコールしたのかな?

恐る恐るつないで見ると、3人がつながっていました。

今日欠席だった和久田さんがオンラインになったので、お話したくってつないじゃったんだって。

そこにいた女性陣3人はみんな和久田さんのファンドキドキ

そこで思い切って和久田さんにラブコールを送ってみると...

つながりました~

そこで和久田さんとお話タイムラブラブ

10分ほどして、和久田さんはお仕事のため退席。

和久田さんとお話できた興奮冷めやらず...

そこから、残ったメンバーでの雑談タイムが始まりました~

メンバーは私と、大谷さんお母さんの笑顔を願うコーチさんそして黒一点の高垣さん

私はこのメンバーの皆さんとは一度も会ったことがなく、こうやってお話しするのも初めてだったんですけど...

なんかすご~くもりあがっちゃた。

後ろで聞いていた長女が、女子高生の女の子トークみたい~って笑うほど。

ここから話すこと1時間半。

わいわい楽しくおしゃべりしました~

とっても楽しかった。

高垣さんはずっと黙って聞いていて、時折ぽつぽつと参加するのが、なんか面白かったです。

きっと女性陣のパワーとスピードに圧倒されていたのではないかな?

初めて話したのに、ぜんぜんそんな感じしなかった。

すっかりため口で、しゃべりまくってました~

こうやって仲良くなっていけるのってすごく楽しいです!

ブログって、すごいですね☆







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/25(火) 18:28:30|
  2. お気に入りブログ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

子どもの話を最後まで聞くコツ

受験を楽しむ母久美子です。

今日、ブログでこんな記事見つけました。

相手の話が退屈でも、最後まで聴くためのコツ

信頼関係を築くためには、まずはしっかり相手の話を聞くことって大切ですよね。

これは、親子でも夫婦でも同じことですよね。

でも、忙しいときに、ねえ聞いて聞いて~といってくる子どもの話、きちんと最後まで聞くのって難しいことありませんか?

いったい、なにがいいたいの~っていらいらしてしまったり、「今忙しいからあとでね」っていって聞くの忘れちゃうとか....

あと、もうひとつ難しいのは、最後まで口を挟まずに聞くこと。

子どもの話を聞いているとき、途中で質問や意見を言いたくなっちゃうことありますよね。

「それはいいけど、さっき言ってたの、どういうこと?」

って、子どもが全部話し終わる前に口出しちゃったりしてませんか?

最後まで話していないのに、口出されると、話を聞いてもらえたっていう満足感ないんですよね。

「私の言いたかったことまだ全部言っていない!」っていう不満が残っちゃう。

この記事で、井上さんはこういっています。

そんな時は、話の「内容」に興味を持つのではなくて、話をしている「人」に興味を持って聴くとうまく行きますよ。


なるほどな~って思いました。

特に子どもが話しかけてくるときって、実際に口に出している言葉の裏に、本当の意味が隠れていることってありますよね。

たとえば、上の子と仲良く話をしていると、下の子が、どうでもいいようなことを必死で聞いてくれって言って割り込んでくる。

これは、「お母さん、お姉ちゃんとばっかり話していないで、私のほうを見て!私もここにいるよ~」っていうメッセージだったりしますよね。

そんなときに、その話の内容じゃなくて、その子に興味を持っていれば、「何が言いたいの?」とはならないで、「あなたのことも忘れていないよ」ってちゃんとそのこのニーズに気がついてあげられるんじゃないかな。

子どもって、そういう言葉の裏にあるメッセージをたくさん送ってきているんじゃないかって思います。

口から出ている言葉にだけとらわれないで、本当のメッセージに気づいてあげたいな~って思いました。






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/24(月) 21:47:12|
  2. お気に入りブログ紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

おうちで勉強して中学受験合格日記 2

「ねえ、一緒に付属中受験しない?」

由美と深美ちゃんは、幼稚園のときからの友達でした。

性格は正反対と言ってもいいかな。

深美ちゃんのお母さんと私が仲良かったので、一緒にお出かけすることも多かったし、家族ぐるみで仲良くしてもらっていました。

「え!私立の中学行かすの?」

「違うって~、国立。そんなお金ないもん。付属中なら地元の中学とほとんど変わらない費用でいいんだよ~」

「え!そうなの?」

「それにね~給食があるんだよね。」

「給食?給食どこにでもあるでしょ?」

「何いってんの~鈴鹿の公立中学は給食ないんだよ。毎日お弁当作らなくちゃいけないんだよ~」

「え!そうなの?」

「うちはおにいちゃん自分で作ってるから、だいぶ楽だけど、毎日お弁当って大変だよ~」

「確かに大変だね~。知らなかった。中学お弁当なんだ...」

「深美は給食嫌いだから、付属中がお弁当だってこと、内緒にしておいてね。」

「わかった。」

深美ちゃんのお母さんに教えてもらうまで、中学がお弁当だなんて知らなかった私。

「由美。鈴鹿の中学って給食ないって知ってた?」

「う~ん。なんかそんなこときいたことあるかな。」

「深美ちゃんの受験する付属中学は給食があるんだってさ。」

「え!本当!?いいな~ずる~い。私も給食あるところがいいな~」

「そうか~、じゃあ、どんな中学なのかちょっと調べてみようか...」

こうして、由美の食欲と、私のお弁当つくりをサボりたいという欲望から、私たちは中学受験への道を歩み始めたのです。


つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/23(日) 09:23:51|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おうちで勉強して中学受験合格日記 1

中学受験なんて自分には縁のないものだと思っていました。

せっかく公立の中学校があるんだから、そこに行けばいい。

受験して入る私立の中学なんてお金に余裕のある親が行かせるところ。

うちのようにパパの給料だけで、4人の子供を育てている家には手の届かない世界。

子供たちにはきちんとした教育受けさせてあげたいけど、お金かけなくたって、公立に行かせたって、努力すれば、いい大学に入れるチャンスはある。

高いお金出して私立の中学に行ったって、中学校なんだから、勉強する内容はおんなじはず。

ようは、本人のやる気と努力の問題!

そう思っていました。

長女の由美は両家にとって初孫でした。

おなかの中にいるときから、七田式の英語のCD聞かせて、フラッシュカードもいただいた。

私も話しかけるときは日本語と英語が半々になるように気をつけて、子守唄は英語のきらきら星。

1歳になる前から絵本のよみきかせを始めて、2歳になるころには絵本は自分ですらすら読んでいました。

幼稚園では、漢字で名前はかけたし、ひらがなもカタカナもすらすら読み書きできたので、すごいね~ってみんなに言われてました。

小学校に入ってからも、テストはほとんど100点。

本を読むのもお勉強も好きだったから、勉強に関してほとんど手がかからない子でした。

実際、次々と下の子たちが生まれて、手をかけられなかったというのもあります。

由美は家では、よくお手伝いをするいいおねえちゃんでした。

4歳のころから、長男の拓哉にミルクを作って飲ませたり、オムツを替えるのも手伝ってくれていました。

お姉ちゃんだからがんばらなくっちゃ!って必死だったんでしょうね。

おうちでいい子だった分、幼稚園では、ストレス発散していたようで、先生の言うことを聞かずに逃げ回るやんちゃな子だったようです。

そんな由美が6年生になったある日、家族ぐるみで仲良くしている深美ちゃんが言いました。

「ねえ、由美は中学どこ行くの?私、付属中受験しようと思っているんだけど、一緒に受けない?」

このときから、私と由美の受験物語がはじまったのです。

つづく

最初の登場人物紹介から読む方はこちら








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/22(土) 13:34:55|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楽しかった初めての中学受験のこと書きます。

受験を楽しむ母です。

このニックネームにしたのは、本当に受験楽しかったからなんです。

本当に楽しかった最初の受験の思い出、ちょっと物語風に書いていこうかなって思います。

長女の中学受験のときの物語です。

登場人物のプライバシーのために、実名ではなく、架空の名前にして書きます。

今日はその登場人物を紹介します。

山田 久美子 私です。4児の母。

山田 由美  長女。当時、小学6年生。

山田 舞   次女。当時、小学4年生。

山田 拓哉  長男。当時、小学2年生。(木村君の名前つかっちゃったラブラブ

山田 なごみ 三女。当時、2歳。

山田 克秀  主人。システムエンジニア。(少年隊の植草に似ていると昔言われていたらしい)

岸田 深美  由美の幼稚園からのお友達。

岸田 ちず  深美の母。家族ぐるみで仲良くしている。

野口 あや  由美の同級生。私立女子中学が第一志望。

野口 久子  あやの母。PTAで知り合ってから久美子と仲良し。

この設定で書いていきますね。

このシリーズはちょっと文体とかかわっちゃうかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

それでは...第1回はこちらです。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/22(土) 11:18:39|
  2. お家で勉強して中学受験合格日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校受験で社会や理科の点数をアップする最終兵器

受験を楽しむ母久美子です。

今日は、うちの長女が、高校受験の時に助けてもらった、フォルスクラブについて、紹介します。

このフォルスクラブに出会ったおかげで長女は一月で社会が40点アップして、結果的にはワンランク上の高校に合格することができました。

次女の友人も、12月中ごろからフォルスで頑張って、無理だといわれていた志望校に合格しました。

特に、社会、理科の暗記科目の点数アップの最終兵器です。

今から何とか点数を上げて志望校合格を目指したい方のために、きちんと説明しておきますね。


ForceClub(フォルスクラブ)とは...

株)イーラーニング研究所が提供するe-ラーニングシステムを中心とするサービスです。

e-ラーニングシステムとは...

パソコンや携帯電話など、電源を入れると文字が読めるものを使った学習システムのことです。

パソコンや携帯で勉強できちゃうんですね。

具体的に、普通の勉強とどこが違うのか、私のお勧めポイントをまとめてみました。


私のForce(フォルスクラブ)のお勧めポイント


1.いつでも何度でもできる

自宅で好きな時間に何度でも繰り返して勉強できる。

塾のように送り迎えの時間はいらないから、その分学習時間に回せます。

途中で眠くなって寝ちゃっても、覚えているところまで戻ってできちゃう。

間違ったところには弱点チェックがつくから、そこを何回もやれば弱点克服!

勉強って暗記が多いから、何回も繰り返すってすごく大事です。

我が家では最低5回は繰り返すようにって頑張っています。

繰り返した回数も、まちがえた回数もパソコンがデータ管理をしてくれるから、効率的に学べます。


2.わかるところまでもどれるし、好きなだけ進める

学年の枠を超えてどこからでも始められるし、どこまででも進める。

中学生でも、小学校の項目を戻って学べるし、逆に小学生でも中学校の項目を学ぶこともできます。


子供って、興味のあるときに勉強すると、すごくよく知識を吸収するんです!

興味を持ったそのときに、学年に関係なく勉強できちゃうのってすごくいいですよ。

とくに、今の時期、受験を前にして、どうしても点数が上がらないくて悩んでいる方。

テストコースを使って基本から弱点チェックをすることで効果的に弱点をあぶりだすことをおすすめします。

遠回りのようですが、この基本チェックが一番の点数アップの近道です。

今ならまだ間に合います。


3.楽しくできる

目の前に紙に印刷された問題を何百ページも積み上げられると,やる気なくなりませんか?

その点、パソコンなら音も出るし、画像もあるので楽しく勉強できます。

退屈になりがちな繰り返し学習も、パソコンでメリハリをつけて、楽しく学べます。

もちろん、覚えるためには、まとめのノート書いたり、漢字や単語なんかは、パソコン見ながら何回も書いて覚えたりもするけど、参考書開いてやるよりは断然楽しい!

単元クリアするとコインがたまっていったり、満点取ると満点コメントがかけたりと、頑張れば楽しいことが待ってるというのもおすすめポイントです。


4.パソコンに強くなる

フォルスをするのにはパソコンとインターネットが必要です。

Windows2000以降のOSに対応しています。

(XPやVistaはOKですが、Meだと使えません)

高校システムはXPサービスパック3以降です。

モニタの解像度が1024×768ピクセルないと、小中学校のシステムがインストールできません。

何それ~?と思った方、要注意ですよ。
 
これからの時代、パソコン使えないと就職難しいですよね。

それなのに、子供にはパソコンはまだ早いという親御さんがたくさんいらっしゃいます。


じゃあ、いつからパソコン使わせるのですか?

小学校でも授業でパソコン導入されています。

はっきり言って、パソコンって、本を読んで覚えるものではなくて、自分で触っているうちにだんだんとわかっていくものです。

特に子どもたちは覚えるのすごく速いです。

子どもの頃からパソコンで勉強していれば、自然とパソコンに強くなります。

マウスの操作なんか自然に覚えちゃうし、タイピングだって早くなるんです。

子供のときからパソコン触っていた人と、大学生になって始めてパソコン使い出した人じゃ、どう考えたって差が出ますよね。

子どもをパソコンから遠ざけているうちに、パソコンの技術にすごい差がついてしまっているんです

それで、社会に出て苦労するのはそのお子さんです。

これからはやっぱりパソコン使えなきゃって思いませんか?


5.なんといっても安い

私は子供が4人いるので、少しでも安く、効率よく、でもしっかり学べる教材すごく探していました。

本屋に通って問題集や参考書買って与えたこともあったし、通信教育をさせたこともある。

DVDの教材買ったこともあります。

塾もどのくらいかかるかいろいろ聞いてみました。

いいものもいっぱいあるけど、結構高いよね!

安いと今度は内容しょぼかったりするし。

フォルスクラブでは小学校、中学校の5教科、高校の6教科(国、数、英、理、社、情報)大学受験の3教科(国数英)が1契約で家族5人まで学べます。

小学校から高校まで使える。

さらに、1月11日からは大人が使える資格対策講座も追加されました。

値段は入会金10500円。

家族5人までがすべてのシステムを使い放題で月会費が6300円

1人が1つだけ使うライトプラン(月会費3150円)もあります。

月6300円で5人が使い放題って、すご~く安いと思う。

さらに、紹介者がいれば入会金と2か月分の会費が無料なんですよ。

このブログを読んでくださっている方は、私が紹介者になりますので、2ヶ月無料ではじめられます。

子供の塾代どうしようって悩んでる人がいたら、一度試してみて損はないと思います。

それにクレジットカード(VISAかマスター)を使ってネットから申し込めば、すぐ使えます。

受験までに点数アップしたいなら、待たずに、すぐ試せるっていうのもうれしいですよね。


Forceclub(フォルスクラブ)にはさらにお得なサービスがいっぱいついているんだけど...

(携帯で勉強できたり、ビジネス文例集が充実していたり....ほかにもいろいろ)

今日はメインの教育システムを紹介しました。

受験までもうあとわずか。

社会や理科などの暗記科目はここからのラストスパートが勝負です!

入試までに志望校に足りない点数をパソコンを使って効率的に暗記して伸ばしてみませんか?

フォルスクラブに興味のある方は、下のバーナーから入ると入会金と2か月分の会費が無料になります。

百聞は一見にしかず!一度試してみてはいかが?

FORCE Club ユーザー募集








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/22(土) 11:15:21|
  2. フォルスクラブ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家庭学習ってどの程度させればいいの?

受験を楽しむ母です。

今日は久しぶりに、教頭先生の母親教室の資料から書きたいと思います。

では、まず教頭先生の書かれた文章です。

家庭学習をどの程度させればいいのでしょうか?

宿題中心で結構ですが、どんな簡単な宿題でも、真剣にやらせてください。

字のお稽古など、正しい字を書いてあるのに、無視して、いい加減な字を書いたり、しなければいけないところをしていなかったり。

これは子供たちが、自分でやったあと、うちの人に見せずに出しているからです。

こういう家庭学習を続けていても無駄です!

字は、つたなくてもいい、まじめに力いっぱい書かせてください。

宿題は必ず目を通して、力を抜いていたらやり直させてください。

勉強とは量ではなく、真剣さがものをいうのです。

量ではなく真剣さ。

これってすごく感じます。

特に、小学校低学年なら、どんなに時間かけて、いい加減に何十回書いても、覚えないですよね~。

それどころか、間違えて覚えちゃうと、あとが大変!

短時間に集中して真剣にやったほうがずっと効果的。

我が家の子供たちは九九はみんなお風呂で覚えました。

「3の段いえたら上がっていいよ~」

のぼせる前に上がりたいですから、必死になって覚えるんですよね。

それも1対1の裸の付き合いですからね。

思いっきり濃いコミュニケーションですよね。

そして、逃げられない(笑)

最初は10数えることから始めました。

「ひと~つ、ふた~つ.....とお!」

それができるようになったら、プラスして「い~ち、に~、...じゅう!」

それをクリアしたら「one,two....ten」

次が「A,B,C....Z」

幼稚園の年長のころからは、少しずつ九九を覚えていきました。

お風呂で体を温めるための数分。

短いけど、真剣にやるとすごく効果的に暗記できちゃいます。

ちょっと話が外れちゃったかな?

適当に長時間やるより、集中して真剣にやった短時間のほうが効果が大きいということです。

それと、お子さんの宿題チェック、忘れずに。

つぎは、顎力(がくりょく)をつける






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/22(土) 09:00:01|
  2. 教頭先生の母親教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まず自分がきちんと勉強の姿勢示しましょう。

今日、育児サークルに読み聞かせに行ってきました。

30組ほどの親子が来ていました。

そこで、気になったのがお母さんたちのおしゃべりです。

広い和室を二つ、つなげた部屋で、おおきな絵本の読み聞かせをしたんです。

二つの部屋の私から遠いほうの部屋にいたお母さんたち、遠くてよく見えなかったり、聞こえなかったりしたのかな?

途中からおしゃべり始めたみたい。

読んでいる私にもはっきり聞こえるような声でおしゃべりしてるんだよね。

こっちまで聞こえるくらいの声でおしゃべりしていたら、子どもに私の本を読む声聞こえないよね。

お母さんがおしゃべりしていたら、ひざにいる子どもは、静かにお話聞けなくなっちゃいます。

私が読むの下手で、面白くなかったのかな?

でもね、人の話は静かに聞くものだよ!って子どもに教えるにはまず自分がして見せなきゃ。

ちゃんと聞いていた子どもたちもいたのに、うるさくて聞こえなくなっちゃってました。

お母さんが一緒に参加する姿勢を見せてくれないと、子どもたちだって集中できないんです!

小学校の授業参観のときにもお母さんたちのおしゃべりがうるさくて授業聞こえません!って教頭先生が注意して回っていたことがありました。

廊下で久しぶりに会って、ついついおしゃべり...

私もしたことあります。

話しに夢中になると、声が大きくなっちゃう。

教室まで聞こえてたら迷惑だよね。

でもね、廊下ならまだついついってことあるけれど....

教室の中で、先生が授業しているのに後ろでお母さんたちがおしゃべりしているのはダメ!

子どもに先生の話は静かに聞きなさい!って、いつも言っていても、自分が参観日に教室でおしゃべりしていたら、子どもだって、授業中おしゃべりしてもいいんだ!って思っちゃうでしょ。

まずは、お母さんたちが、ちゃんと静かに、先生の話を聞く態度を見せてあげなくちゃ。

今日はお母さんたちに聞いてもらうことの難しさにちょっとへこんじゃいました。

最初に子どもたちだけ、前に来てもらえばよかったかな。

お母さんと一緒じゃないほうが、ちゃんと静かに聞けたかもしれません。

今後の参考にさせてもらいます。


人の話は静かに聞きましょう!

話を聞いている人の邪魔になるような行為はマナー違反です。

子どもを抱いてそんなことしていると、授業中、集中できない子どもになってしまいますよ~









学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/21(金) 23:05:35|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お勉強して図書カードもらっちゃいました。

受験を楽しむ母久美子です。

今日、フォルスクラブからこんな封筒が届きました。

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法

中をあけてみると...

$おうちで勉強して合格!子どもが受験勉強を好きになる方法

1000円の図書カードが5枚入ってました。

うちの子供たちが勉強で使っている、フォルスクラブっていう学習システムでは、勉強して1単元終わるごとに、点数に応じてコインがたまります。

そのコインを一月に300枚集めると、もれなく図書カードがもらえるんです。

年末に私の実家に家族で行ったときに、みんなで英単語のスピード競争したり、漢字の読みの競争したりして、5つのアカウント全部で300枚コインためちゃったんです。

それで今日、フォルスクラブから図書カードが5枚送られてきたというわけです。

月会費6300円で、図書カード5枚もらっちゃったら、残り1300円ですよね。

それで5人が使い放題って....大丈夫かな~ちゃんと利益あるのかな~?

楽しく勉強して、図書カードももらえるっていいと思いません?

長男はさっそく何の本買おうかな~ってほしい本(マンガ?)リストアップしてます。

へぇ~。面白そう。って思った方はこちらをクリック。

2ヶ月無料で使えます。無料期間中でも、300枚コインをためれば図書カードはもらえます。

勉強して、図書カードをゲットしちゃいましょう!








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/21(金) 21:50:26|
  2. フォルスクラブ情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家族の好きなところ10個すぐいえますか?

受験を楽しむ母久美子です。

今日ブログを見て回っていたら、原田綾子さんのブログにこんなことが書いてありました。

私は、夫にも娘にも 「こういうところを尊敬している」ということを伝えるようにしています。心の中で想っていることを伝えないともったいないもんね(笑)。

もちろん1歳の次女にも伝えていますヨ^^

そうすると、子どもや夫からも自然とお互い「こういうところステキだね」と、そんな言葉が家の中で飛び交っていく・・・

娘も、夫も、私がもっていない「よさ」をそれぞれ持っている。

もちろん自分にも「よさ」があって・・・つまり、みんなそれぞれの「一番星」を持っている。

それを家族で伝え合って、認め合うことが大切かと思っています。

綾子さんのご家庭の暖かい雰囲気が伝わってきますよね。

我が家では、毎週月曜日の夜は家族ですごす時間と決めています。

家族で話したり、ゲームをしたり、おいしいデザートを食べたりするんです。

今週の月曜日は次女の提案で、自分の言いと思うところ、好きなところを10個書いて、それを読んで誰のいいところか当てるゲームをしました。

「優しいだんな様がいる」

「はい!お母さんだ!」

「お母さん以外だったらびっくりするわ~」

「向上心があると思われ」

「この言い方はお父さんだ~!」

家族6人で楽しくそれぞれのよいところについて語り合いました。

家族がそれぞれお互いについて、よく見ていて、よく理解してくれていると感じられる素敵な時間でした。

自分のいいところを自覚すること、認めてもらうってことは自信につながります。

向上心や、やる気もそこから生まれてきます。

受験を楽しむためにはとっても大事なポイントなんです。


皆さんのお宅ではどうですか?

自分のいいところ、家族一人一人のいいところ、10個すぐに書き出せますか?










学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/20(木) 12:15:06|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「へそのお」4年生の読み聞かせで読みました。

昨日から高学年にも読み聞かせに回ることになったんです。

昨日は1年生と4年生のクラスにいきました。

私は4年生にいきました。

私が読んだのは....花さき山 (ものがたり絵本 20)/斎藤 隆介

¥1,260
Amazon.co.jp

仙台弁で読んでみました。

みんな真剣に聞いてくれました。

途中で、双子の赤ちゃんの弟がお母さんのおっぱい独り占めしているところがあるんだけど、「おっぱい」って言ったら前の席の男の子が恥ずかしそうに両手で目隠しをしていました。

可愛い~!4年生っていってもまだ子どもだね。

読み終わったあと、みんなで報告会をするのですが、そのときに一番人気だったのがこの本。

へそのお (PHPわたしのえほんシリーズ)/中川 ひろたか

¥1,260
Amazon.co.jp

おへそのある動物と、卵から生まれるおへそのない動物を分類してあるページがありました。

それに、命の大切さ、命のリレーについて書いてあって、とってもいい本だね~!

というのが読み聞かせに来ていたお母様方の感想でした。

4年生のクラスで聞いてみたら、「へそのお」を知らない子がほとんどだったそうです。

そうだね~ちゃんと話してないかも~ってお母さん方で盛り上がっていました。

お宅のお子さんは自分の「へそのお」見たことありますか?








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/20(木) 10:08:51|
  2. おすすめ絵本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8歳だって英語わかるもん!

受験を楽しむ母久美子です。

我が家の受験生は今ちょっとスランプです。

つらそうなので、息抜きに末っ子の8歳の娘と3人でパフェを食べに行きました。

車の中で、恒例の古今東西ゲームがはじまりました。

長女は来週英検を受けるので、少しでも英語を...ということで、「古今東西Aから始まる英単語~」

8歳の末っ子も一丁前に参加しました。

わかるかな~という、親の心配をよそに、元気に参加しました。

「え~と~apple!」

「すご~い。あたってる!」

「それくらいわかるさ~」

2回目に回ってきたら...

「apple pie!」

うん。まあいいか。つぎは...

「apple juce!」

「apple sauce!」

「apple jam!」

apple しか、わからないわけね。と思ったとたん。

「animation!」

おっ!違う単語もわかるじゃん!

「animal!」

「すごい!よく知ってるね。」

「フォルスで毎日やってますから~」

すご~く、得意そうに言われてしまいました。

それも、実は発音は私よりきれいだったりするんだよね~

フォルスクラブの小学英語馬鹿にできないよ。

ちゃんと覚えてるんだね~。

なんか感動したのでした。








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/19(水) 23:07:19|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

○○○○は最高の勉強場所です

いつも読んで勉強させていただいている原田さんのブログに今日はこんなことが書いてありました。


「ズバリ!リビングに子ども用の本棚を置きましょう~!」

そして...

「本をできるだけ身近に♪これがポイントですね!」

思いっきりうなづきました。

大賛成です!!

家もリビングに子どものための本棚はありません。

リビングにピアノやドラムやアンプが置いてあるので、楽譜の本棚はあるんだけどね。

でもね~毎日どんなに片付けても、必ず3~4冊子どもの本が置いてあるのよね~

うちの子は本好きだから、よく読んでます。

読んだらしまいなさいって言っているんだけど、本って全部読み終わるまでしまわないよね、すぐ続き読むからってそこに置いちゃう。

だから、いくら片付けてもすぐリビングに、本の山が....

綾子さんの記事を読んで、リビングが片付かない理由がわかりました。

リビングに本棚用意すればいいんだ!

少なくとも、読みかけの本を置いておけるスペースを作っちゃえばいいんですよね。

いつでも学べる環境を作るために本をリビングに置く。

すばらしいアイデアですよね。

実は我が家ではLDKのダイニングに本棚があります。

そしてそこには、子どもたちの問題集が。

我が家の子どもたちはダイニングテーブルで勉強して育ちました。

どうも一番安心して勉強できるようです。

さすがに大学受験の長女は、静かに集中したいときは、自分の部屋に行ったりしますが、それでも寂しくなると、リビングに下りてきて勉強してます。

中学入試のときに聞いたデータでは、合格者のほとんどがリビングで勉強していたそうです。

確かに、中学受験では、お母さんの目が届くリビングが、一番勉強に適した場所だと思います。

お母さんも、家事をしながら、子どもの勉強を見守っていられますからね。

何年か前のドラマ「受験の神様」でも、最初に勉強机をリビングに移動してましたよね。

リビングって最高の勉強場所なんですよ!

特に中学受験にとっては!!

子どもたちを、孤独な勉強部屋に押し込んでしまわないで、リビングで一緒に受験を支えていってあげましょう!

センター試験の思い出について書いた記事に潜在意識を使って願望を引き寄せるカウンセラー:石原さんからいただいた感想に、次のように書いてありました。

「前略...周りを全部巻き込んで、受験って成立していると思っています。すべての人に改めて感謝を送りたい気持ちになりました。....後略」

そうですよね。受験って、一人だけで、してるものじゃないですよね。

家族や先生や友達や、みんなが支えてくれてるんです。

リビングで勉強していると、それをよく感じられるんじゃないかな。

リビングでお勉強、始めてみませんか?








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/18(火) 19:30:56|
  2. 学習情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SKYPE会議しました!

今日のお昼から田渕さんのパワーブロガー養成講座で知り合ったメンバーで集まってSkype会議をしました。

メンバーは私をいれて7人でした。

学英語も不安なあなたへの瀬利さん。

大きいサイズのアウトレット通販/セイズファクトリー(京都)の川北さん。

めざせ!宅建合格 の主婦こそめざそう!宅建合格さん。

宅建合格のからくり‐1年で合格!初めてでも合格できるツボの高垣さん。

子育ては「聞く」が9割でうまくいくの和久田ミカさん。

赤ちゃんが泣きやむ!魔法の育児法「ベビーサイン」横浜教室の肥後あす香さん。

肥後さんと和久田さんとは前に一度お会いしたことがあって、今日はお声が聞けて、とっても懐かしくてうれしかったです。

皆さんセミナーをされていたり、これから講座を開くことを考えていらっしゃる方です。

そこで、今日はSkypeをどんな風に利用してセミナーや講座などに使っていけるかというテストをしたんです。

実は私、ブログやっていると言ったら「教えて~」って頼まれて、Skypeでブログの作り方の講座をやっているんです。

第1期の基礎講座は終わって、今は第2期の方と基礎講座を始めたところなんです。

第1期のときはまだ慣れなくて、皆さんに協力してもらいながらやっていました。

今も、1期の方の講座は相変わらずみんなで助け合いながら継続しています。

今回2期を始めるにあたって、前よりずいぶん慣れてきたな~って思います。

やっぱり使いながら理解していくっていうところ多いですよね。

ウィキペディアによると、「eラーニング(イーラーニング、英語: e-learning, electronic learning)とは、情報技術を用いて行う学習(学び)のことである。」

つまり、Skypeを使って学んでいる私のブログ講座も広い意味ではイーラーニングになるのかな?

今回は、私が実際にSkypeを使って講座をしているということで、どんな風に使っているのか紹介させていただきました。

Skypeを使っているのは私のほうが早いですが、皆さん講師としては大先輩ばかりですから、これからは皆さんからたくさん学びたいと思っています。

こうやってブログを通して素敵な方たちと出会えるって本当に素敵ですね!







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/18(火) 18:07:25|
  2. イーラーニングとは?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

高学年への読み聞かせ始めます。

小学校で、読み聞かせのボランティアをはじめて、12年になろうとしています。

最初は、毎週図書準備室で、昼休みに絵本を読んでいました。

数年前から、朝の時間に1~3年生のクラスに入っての、読み聞かせを始めました。

そして、いよいよ、明日からは、高学年のクラスにも入ることになりました。


今まで、昼休みの読み聞かせは、学年関係なくやってきたので、高学年の子が、聞きに来ていることもありました。

でも、中心は低学年、特に1~2年生でした。

高学年が何十人も集まっているところで読むということはあんまりありません。

長女が5年生のときに「もちもちの木」をオーバーヘッドプロジェクターで写して読み聞かせをしたことはあります。

モチモチの木 (創作絵本 6)/斎藤 隆介

¥1,470
Amazon.co.jp

あの時は、地元の小学校と隣の小学校の5年生のクラス全部を回りました。

当時、「もちもちの木」は教科書に載っていたので、それを仙台弁で読み聞かせるという企画でした。

ここでは東北弁は珍しいですからね。

映画のように暗くして、プロジェクターで映し出された映像と、東北弁で子どもたちの興味を引くのは簡単でした。

今回は、絵本だけをもって読みに行くんですよね。

高学年の子どもたち、ちゃんと楽しんでもらえるかな?

なんか緊張します。

隣の小学校では、もう何年か前から、高学年にも回っているというので、見学に行きました。

子どもたちが迎えに来てくれて、先生も一緒にきちんと座って聞いていました。

内容としては、特に高学年だからといって難しいものを選ぶことはないそうです。

言葉遊びの絵本や、民話や、普通に読んでいるものでいいんだって。

確かに、その日も対象年齢5歳~と書いてあった言葉遊びの絵本でも受けてました。

明日は4年生のクラスにいきます。

ちゃんと読めるかな~?

また報告しますね。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/18(火) 10:28:23|
  2. おすすめ絵本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お母さんはどう思う?ってきいてきたときはメッセージを伝えるチャンスです。

夕べ、長女がこのブログを読んでいました。

そして、私に聞いてきました。

お母さんはどう思う?

これは、チャンス!

子どものほうからお母さんどう思う?ってきいてきたときは、子どもがこちらの話を聞く耳を持っているときです。

「ちゃんと読んでみるからまってね」

そういって、私は真剣に読みました。

ブログで書かれていることは、乳がんの医療ミスについてのこと。

結構重いテーマです。

「あなたはどう思ったの?」

「うん。これちょっとひどいな~って思った。」

「そうか...」

「お母さんはどう思ったの?」

「私は...この話は見る角度と立場によって感じ方がすごく変わってくるなって思う。」

「どういうこと?」

「情報って発信する人の立場によって、変わってくるよね。

それに、その情報を読むときに自分がどの立場で読むかによっても感じ方がちがってくるよね。」

「ひどいと思わないの?」

「ひどいとは思う。でもね、患者側にも落ち度はあると思う。

私はおじいちゃんががんになったとき、先生のこと信頼していた。

それでも自分で必死になって情報集めて一生懸命勉強した。

セカンドオピニオンもお願いした。

できるだけのことは自分たちでもした。

患者側にもそうやって努力することは必要だと思っている。

だから、お医者さんだけが一方的に悪い。ひどい医者だな~って言って終わりということじゃないと思う。

一人一人がもっと自分の目で情報を確かめて、自分の責任でその情報を信じるかどうかを選ぶことって今の時代とっても大切だと思う。

だから、この人が勇気を持って自分の経験をこうやって公開して、お医者さんを盲目的に信じて我慢していないで、セカンドオピニオンを受けよう!って訴えていることはとっても大切だと思う。

私も応援したいと思うよ。」

長女と、その部屋にいた長男は真剣に聞いてくれました。

「私はあなたたちに、人に頼って、人のせいにするのではなく、自分の責任で選んで行動して、自分の行動に責任を持てる人間になってほしいって思っている。

自分の立場からの思いだけに目を向けるのではなく、違った立場から見たらどう見えるのか、どう感じるのか、そこまで考えられる人になってほしい。

言われた事だけをやっていればいいという人生ではなくて、自分で考えて、自分で選んで行動できる人になってほしいな。」

....なんかこうやって言葉にすると恥ずかしいけど、熱く語ってしまいました。

長女も長男も最後までしっかり聞いてくれました。

ちゃんと心に届いたかどうかは、わからないけど、いつの日かきっとわかってくれると信じてます。











学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/16(日) 09:34:53|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

センター試験の思い出

今日からセンター試験が始まりましたね。

毎年この時期になると自分が受験のときのことを思い出します。

わたしの頃はまだセンター試験じゃなくて、共通一次試験でした。

その当時学校の先生を目指していた私は地元の国立教育大学を目指していました。

現役のときは共通一時でそこそこいい点は取れたのですが、合格できず、浪人して予備校に通って一年間頑張って受験勉強しました。

浪人時代、受験勉強一色のこの時期って結構好きでした。

...まあ、この話はいつかすることとして...

私は中学のときに腎盂炎になって、それ以来、のどを痛めると高熱を出すんです。

1年浪人して頑張って、とうとう共通一次試験という前日、高熱が出ました。

通院しましたが、いつもの発熱ということで、薬をもらって、寝るしかなかった。

共通一時当日。

私の体温は41度ありました。

当時は確か試験は一日だったと思います。

41度の熱でふらふらしながら、父に車で送ってもらって、試験会場に向かいました。

「こんな熱のせいで、1年間頑張った努力を無駄にしてなるものか!」

必死の思いで試験を受けました。

でも、前日からの発熱で私の体力は限界に来ていました。

国語、社会の得意科目はよかったのですが、理科、英語、数学と続くうちに精神力も衰えてきました。

特に数学は悲惨でした。

他の科目はマークシートなので、わからなくても何とか解答欄をうめることだけはできるのですが、数学は計算しないといけませんからね~

41度の熱でもうろうとしている状態では計算なんてとてもできない。

せっかく覚えた公式は出てきてもそれに数字を入れて計算しようとしても頭が回らない。

とってもくやしかったです。

それでも、何とか最後まで倒れずに試験を終えて、会場を出ると、そこには父の車が見えました。

心配そうな顔をした父が走りよってきて、黙って車に乗せてくれました。

後で聞いたのですが、高校の進路指導だった父は、その日自、分の高校の生徒の指導のために、試験会場に行かなければならなかったそうです。

私の受ける会場と、父の学校の生徒達の受ける会場は違っていました。

父は同僚の先生に事情を説明して、お願いしてフォローに入ってもらい、まず私を会場に送ってから自分の生徒の高校に行き、途中何回か私の会場に顔を出して「倒れた生徒はいませんか?」と聞きに行ってくれたそうです。

そして、試験が終わるときには、同僚の先生が気を遣ってくださり、父がすぐ私を迎えられるようにしてくださったそうです。

帰りの車の中で、私はもう力尽きて横になっていました。

父は何も聞きませんでした。

「くやしい...」

そう呟いて、母が用意してくれていた毛布を頭からかぶって泣きました。

涙が後から後から流れていました。

父は黙って車を走らせていました。

翌日、熱は下がりました。

本当なら予備校に行って自己採点をしなければなりませんでしたが、私はどうしても予備校にいく気にはなれませんでした。

家で一人で自己採点してみると、現役のときよりも下がっていました。

数学が50点でしたからね。理科も悲惨でした。

現役のとき98点だった得意の地学も散々でしたし。

「私の一年はなんだったんだろう....」

しばらく何もする気になれませんでした。

「映画でも見に行くか?」

父が私を誘いました。

受験のため大好きな映画しばらく見てなかったんですよね。(と言っても3ヶ月くらいだけど)

そして、父にしては珍しくチケットを買ってくれて、(いつも映画のただ券をもらってくる人だったので、自分でお金を払って映画を見ること少ない人だったんです)里見八犬伝を見に行きました。

薬師丸ひろ子と真田ひろゆき主演の。

休日で映画館とっても混んでいました。

父は必死になってひとつ席を確保して、まだ少しふらついている私を座らせてくれました。

そして自分はまだ中学生だった妹と一緒に壁際に立って見ていました。

私は映画大好きだし、薬師丸ひろ子好きだったので、見ているうちに引き込まれていきました。

クライマックスで、ロックの音楽に載せて戦いに出て行く場面のとき、父は立ったまま居眠りをしてガクッと膝をつきました。

大音量でとても眠くなる場面とは思えないのに。

父も映画や演劇は大好きなんですよ。それなのにあの大音量の中、居眠りするなんて、よっぽど疲れていたんだと思います。

妹に聞いたら、それまでも何度もうつらうつらしていたそうです。

そんなに疲れていたのに、私を元気づけようとして、連れ出してくれたんですよね。

父の優しさが心にしみました。

結局、私は第一志望の大学は落ちて、県立の保育専門学校に入学しました。

今振り返ると、そこに入学して、本当によかったと思っています。

当時は挫折感いっぱいでしたけど。

今年のセンター試験も寒いですね。

私のように体調悪いのにがんばってる受験生もいるのかな?

長い人生から見たら、受験なんて通過点でしかないんですよね。

今ならそう思えるけど、あの頃は、受験がすべてみたいに思っていましたからね~

父の言葉に出さない不器用な優しさが懐かしく思い出されます。

どこの親も、受験生と一緒にたたかっているんだと思う。

心から心配して見守っているんだと思う。

そのこと忘れないでね。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
  1. 2011/01/15(土) 13:30:15|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:勉強しなさいといわない教育ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
勉強を楽しむ (143)
学習情報 (113)
イーラーニングとは? (7)
フォルスの推薦理由 (25)
体験談 (11)
おすすめ絵本 (45)
ブログ (73)
自己紹介 (7)
フォルスクラブ情報 (98)
子育て (117)
お家で勉強して中学受験合格日記 (49)
夏休みのお勉強 (16)
受験情報 (67)
お気に入りブログ紹介 (52)
学習指導要領 (41)
教頭先生の母親教室 (15)
平均点以上とる方法 (12)
学校生活 (68)
思春期の子どもを理解するために (10)
勉強しなさいと言わないために (17)
中学受験算数日記 (14)
読み聞かせ (12)
音感育脳 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

FORCE Club ユーザー募集
フリープランは、2013/1/6で終了しました。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。