勉強しなさいと言わないで、楽しく受験勉強

5年連続受験生の母をしています! どうせなら楽しく受験勉強をしたい! 4人の子供といろいろ試しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

どうやって子どもを守ったらいいんだろう?

勉強しなさいと言わない教育ママ 久美子です。

アメリカで銃の乱射事件がありました。

とても痛ましい事件です。

アメバニュースにその学校の先生についての記事が載っていました。

この先生が、機転を利かせて、子どもたちを隠さなかったら、どうなっていただろう。

もっとたくさんの子どもの命が奪われていたかもしれない。

そう考えると恐ろしくなります。


自分だったら、どう対応するだろうって、考えてしまいました。

どうやって、子どもを守れるだろう?

この先生のように、機転を利かせられるだろうか?

銃を持った犯人から、どうやって子どもたちを、自分の命を守る?


そのとき、ふと、子どもの頃、父から聞いた言葉を思い出しました。

「戦闘機が来たら、走って逃げないで、草陰にでも転がれ。

地面に伏せているほうが、銃では狙いにくいものだ。」

戦争当時は学校で、そう教わったそうです。

確かに、机の下に伏せたほうが、狙いにくいかな?

そんなこと考えてしまいました。


父は、チリ地震津波も経験していて、「海や川の水が沖に引いて少なくなったら、津波の予兆だから、とにかく高台に逃げろ!」と、言っていました。

今回の震災のとき、私の従兄弟が、地震のあと、車で走っていたら、川の水が少なくなっているのを見て、あわてて進路を変えて、山のほうへ走って、助かりました。

「水が引いたら津波!」っていう言葉が心に残っていたらしいです。


私は子どもたちに何を伝えていけばいいのかな?

父から学んだ教訓を伝えられているかな?


それでも、「撃たれそうになったら、伏せろ!」なんて言葉が、役に立つ日が来ないことを祈らずには、いられません。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/17(月) 14:56:49|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<何故、サンタクロースは見えないの? | ホーム | アニマシオン5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forceclublove.blog.fc2.com/tb.php/1088-29c1c7ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:勉強しなさいといわない教育ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
勉強を楽しむ (143)
学習情報 (113)
イーラーニングとは? (7)
フォルスの推薦理由 (25)
体験談 (11)
おすすめ絵本 (45)
ブログ (73)
自己紹介 (7)
フォルスクラブ情報 (98)
子育て (117)
お家で勉強して中学受験合格日記 (49)
夏休みのお勉強 (16)
受験情報 (67)
お気に入りブログ紹介 (52)
学習指導要領 (41)
教頭先生の母親教室 (15)
平均点以上とる方法 (12)
学校生活 (68)
思春期の子どもを理解するために (10)
勉強しなさいと言わないために (17)
中学受験算数日記 (14)
読み聞かせ (12)
音感育脳 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

FORCE Club ユーザー募集
フリープランは、2013/1/6で終了しました。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。