勉強しなさいと言わないで、楽しく受験勉強

5年連続受験生の母をしています! どうせなら楽しく受験勉強をしたい! 4人の子供といろいろ試しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

センター試験の思い出

今日からセンター試験が始まりましたね。

毎年この時期になると自分が受験のときのことを思い出します。

わたしの頃はまだセンター試験じゃなくて、共通一次試験でした。

その当時学校の先生を目指していた私は地元の国立教育大学を目指していました。

現役のときは共通一時でそこそこいい点は取れたのですが、合格できず、浪人して予備校に通って一年間頑張って受験勉強しました。

浪人時代、受験勉強一色のこの時期って結構好きでした。

...まあ、この話はいつかすることとして...

私は中学のときに腎盂炎になって、それ以来、のどを痛めると高熱を出すんです。

1年浪人して頑張って、とうとう共通一次試験という前日、高熱が出ました。

通院しましたが、いつもの発熱ということで、薬をもらって、寝るしかなかった。

共通一時当日。

私の体温は41度ありました。

当時は確か試験は一日だったと思います。

41度の熱でふらふらしながら、父に車で送ってもらって、試験会場に向かいました。

「こんな熱のせいで、1年間頑張った努力を無駄にしてなるものか!」

必死の思いで試験を受けました。

でも、前日からの発熱で私の体力は限界に来ていました。

国語、社会の得意科目はよかったのですが、理科、英語、数学と続くうちに精神力も衰えてきました。

特に数学は悲惨でした。

他の科目はマークシートなので、わからなくても何とか解答欄をうめることだけはできるのですが、数学は計算しないといけませんからね~

41度の熱でもうろうとしている状態では計算なんてとてもできない。

せっかく覚えた公式は出てきてもそれに数字を入れて計算しようとしても頭が回らない。

とってもくやしかったです。

それでも、何とか最後まで倒れずに試験を終えて、会場を出ると、そこには父の車が見えました。

心配そうな顔をした父が走りよってきて、黙って車に乗せてくれました。

後で聞いたのですが、高校の進路指導だった父は、その日自、分の高校の生徒の指導のために、試験会場に行かなければならなかったそうです。

私の受ける会場と、父の学校の生徒達の受ける会場は違っていました。

父は同僚の先生に事情を説明して、お願いしてフォローに入ってもらい、まず私を会場に送ってから自分の生徒の高校に行き、途中何回か私の会場に顔を出して「倒れた生徒はいませんか?」と聞きに行ってくれたそうです。

そして、試験が終わるときには、同僚の先生が気を遣ってくださり、父がすぐ私を迎えられるようにしてくださったそうです。

帰りの車の中で、私はもう力尽きて横になっていました。

父は何も聞きませんでした。

「くやしい...」

そう呟いて、母が用意してくれていた毛布を頭からかぶって泣きました。

涙が後から後から流れていました。

父は黙って車を走らせていました。

翌日、熱は下がりました。

本当なら予備校に行って自己採点をしなければなりませんでしたが、私はどうしても予備校にいく気にはなれませんでした。

家で一人で自己採点してみると、現役のときよりも下がっていました。

数学が50点でしたからね。理科も悲惨でした。

現役のとき98点だった得意の地学も散々でしたし。

「私の一年はなんだったんだろう....」

しばらく何もする気になれませんでした。

「映画でも見に行くか?」

父が私を誘いました。

受験のため大好きな映画しばらく見てなかったんですよね。(と言っても3ヶ月くらいだけど)

そして、父にしては珍しくチケットを買ってくれて、(いつも映画のただ券をもらってくる人だったので、自分でお金を払って映画を見ること少ない人だったんです)里見八犬伝を見に行きました。

薬師丸ひろ子と真田ひろゆき主演の。

休日で映画館とっても混んでいました。

父は必死になってひとつ席を確保して、まだ少しふらついている私を座らせてくれました。

そして自分はまだ中学生だった妹と一緒に壁際に立って見ていました。

私は映画大好きだし、薬師丸ひろ子好きだったので、見ているうちに引き込まれていきました。

クライマックスで、ロックの音楽に載せて戦いに出て行く場面のとき、父は立ったまま居眠りをしてガクッと膝をつきました。

大音量でとても眠くなる場面とは思えないのに。

父も映画や演劇は大好きなんですよ。それなのにあの大音量の中、居眠りするなんて、よっぽど疲れていたんだと思います。

妹に聞いたら、それまでも何度もうつらうつらしていたそうです。

そんなに疲れていたのに、私を元気づけようとして、連れ出してくれたんですよね。

父の優しさが心にしみました。

結局、私は第一志望の大学は落ちて、県立の保育専門学校に入学しました。

今振り返ると、そこに入学して、本当によかったと思っています。

当時は挫折感いっぱいでしたけど。

今年のセンター試験も寒いですね。

私のように体調悪いのにがんばってる受験生もいるのかな?

長い人生から見たら、受験なんて通過点でしかないんですよね。

今ならそう思えるけど、あの頃は、受験がすべてみたいに思っていましたからね~

父の言葉に出さない不器用な優しさが懐かしく思い出されます。

どこの親も、受験生と一緒にたたかっているんだと思う。

心から心配して見守っているんだと思う。

そのこと忘れないでね。







学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト
  1. 2011/01/15(土) 13:30:15|
  2. 体験談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お母さんはどう思う?ってきいてきたときはメッセージを伝えるチャンスです。 | ホーム | 語彙数を増やすクイズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forceclublove.blog.fc2.com/tb.php/252-bb5df66a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

勉強しなさいといわない教育ママ

Author:勉強しなさいといわない教育ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
勉強を楽しむ (143)
学習情報 (113)
イーラーニングとは? (7)
フォルスの推薦理由 (25)
体験談 (11)
おすすめ絵本 (45)
ブログ (73)
自己紹介 (7)
フォルスクラブ情報 (98)
子育て (117)
お家で勉強して中学受験合格日記 (49)
夏休みのお勉強 (16)
受験情報 (67)
お気に入りブログ紹介 (52)
学習指導要領 (41)
教頭先生の母親教室 (15)
平均点以上とる方法 (12)
学校生活 (68)
思春期の子どもを理解するために (10)
勉強しなさいと言わないために (17)
中学受験算数日記 (14)
読み聞かせ (12)
音感育脳 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

FORCE Club ユーザー募集
フリープランは、2013/1/6で終了しました。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。