勉強しなさいと言わないで、楽しく受験勉強

5年連続受験生の母をしています! どうせなら楽しく受験勉強をしたい! 4人の子供といろいろ試しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「モンペ」にならないために

勉強しなさいといわない教育ママ久美子です。

長女が小学2年のときに学年委員長をやって以来、もう10年以上ずっとPTAにかかわってきました。

幼稚園でPTA会長をしたこともあります。

今は、読み聞かせのボランティアの代表をしています。

PTAやってきて、いろんなことありました。

学級崩壊、先生のいじめ、スキャンダル、運動会での違法駐車撲滅運動。

校長先生から帰省していた沖縄まで電話かかってきたこともあったっけ。

いろんな親がいるように、先生にもいろいろいます。

だから、何か問題があったときや学校に要求があるときは、その話す相手を選んで、その相手にあった方法で伝えることってすごく大事です。

伝え方を間違うとモンスターペアレンツ=「モンペ」のレッテル貼られちゃいますよ~

じゃあ、どんな風に話せばいいか、井上ききさんもアメンバー記事で書いてくださってます。

私は、熱くなりすぎないことがすごく大事だと思っています。

女性は感情的になると、ヒステリックになりやすいじゃないですか。

そういう時って、言ってること結構むちゃくちゃになっちゃいますよね。

そんな状態で話しても、「まあまあ...」ってなだめられて、おしまいですよ。

先生にしたって、とりあえず落ち着かせることしか考えませんから。

先生方、特に管理職の方にきちんと対応していただきたかったら、文書にして持っていくのが一番って先輩のPTA会長さんに教わりました。

話し合っただけだと、口約束で何も残りませんからね~

本当に動いて欲しい、改善して欲しいと思うときは文書にして、文書で解答をもらうと証拠になるんだって。

でも、実際に何かあったとき、そこまでやるのって結構躊躇しますよね。

そこまでしなくても...こっちの要望をわかってもらえればいいかな...

そんなときには、伝えたいこと、何故それをお願いしたいのかを紙に書いてみるといいですよ。

まず、書く事で冷静になれます。

ご主人に見てもらえば、男性目線でのアドバイスももらえます。

そうやってまとめてから話しに行くと、わかりやすく話すことが出来ます。

末っ子が、先生が怖いといって、学校に行かなかったときは、メモを作って、娘と一緒に先生とお話をしに行きました。

娘がとても怖がりであること。

何とか克服できるように、先生が怖くないことをわからせたいと思っていること。

そうメモを書きました。

そして、先生に正直に話して、先生に頭をなでてもらって、ギュウしてもらって、少し改善しました。

今ではその先生大好きみたいです。



長男が中学1年のとき、長男のクラスでは一度も理科の実験がなかったんです。

違うクラスのママ友に聞いたら、そこは何度も実験してました。

そこで、校長先生と会う機会があったので、そのことお話ししました。

その時のお返事は、人数が多くて実験室が足りないので、何とかご理解くださいとのこと。

結局、1年間息子のクラスは実験が行われず、酸素の精製も、二酸化炭素の精製も、教科書でのみの授業でした。

学年の最後に、学年費として理科の実験代金が全クラスから同じように引かれていたのを見て、ママ友がこれはおかしいよって言い出しました。

それで、教育委員会に直訴に行きました。

生徒数が多いという事情はわかりますが、実験は学校でしか出来ない貴重な経験です。

実験をしたことのない生徒と、実験をした生徒では理解度も変わってきます。

それで同じ試験で高校入試になるんです。

これは不平等ではないですか?って。

教育委員会の方は、その状況は把握していませんでした。すぐ調査して対応しますといってくださいました。

2年になったら、息子のクラスではすぐに理科の実験がありました。

現在のほうが、生徒数は増えて、特別クラスは少なくなっていますが、それでも、理科の実験はきちんとやってくれています。

後日、校長先生と会う機会があったときに、直接教育委員会に行ったことはお詫びしました。

実は、息子のクラスの理科を担当していた先生が学年お初めの頃に辞めてしまって、代わりに入った先生は、臨時で、実験をする資格を持っていなかったんだそうです。

実験を一度もしていなかったという状況は校長先生のほうでも把握できていなかったんだそうです。

だから、最初に校長先生にお願いしたんだけどな。

やっぱり文書にしてないと、忙しいから、忘れられちゃうのかもしれませんね。

わ~長くなっちゃった。

この辺で終わりにします。

先生だって人間です。

こっちが誠実に心を込めて、お願いすれば、気持ちは伝わると思います。

自分のことだけしか考えない、モンスターにならないように。

冷静に、論理的に、考えをまとめてから話す事が大事ですよ!






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト
  1. 2011/06/05(日) 09:07:12|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最終学歴をGETするチャンスは何度もあるんです。 | ホーム | 無視する強さを持つ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forceclublove.blog.fc2.com/tb.php/465-ba4e72ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

勉強しなさいといわない教育ママ

Author:勉強しなさいといわない教育ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
勉強を楽しむ (143)
学習情報 (113)
イーラーニングとは? (7)
フォルスの推薦理由 (25)
体験談 (11)
おすすめ絵本 (45)
ブログ (73)
自己紹介 (7)
フォルスクラブ情報 (98)
子育て (117)
お家で勉強して中学受験合格日記 (49)
夏休みのお勉強 (16)
受験情報 (67)
お気に入りブログ紹介 (52)
学習指導要領 (41)
教頭先生の母親教室 (15)
平均点以上とる方法 (12)
学校生活 (68)
思春期の子どもを理解するために (10)
勉強しなさいと言わないために (17)
中学受験算数日記 (14)
読み聞かせ (12)
音感育脳 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

FORCE Club ユーザー募集
フリープランは、2013/1/6で終了しました。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。