勉強しなさいと言わないで、楽しく受験勉強

5年連続受験生の母をしています! どうせなら楽しく受験勉強をしたい! 4人の子供といろいろ試しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子どもを無条件で信じることができるのは母親だけ?

勉強しなさいといわない教育ママ 久美子です。

11月も後半に入ってきました。

受験勉強も力はいってきてます。


センター試験まであと○○日って書いてある、予備校の窓を見て、去年の今頃のことを思い出しました。

去年は、センターの出願が遅れて、センターを受けられなくなって、それまでがんばって勉強していた長女が、勉強できなくなったっけ...


苦しんでる長女を見ながら、何もできなくて...

ただ、娘を信じて、励まし続けました。


長女が、勉強できなくなったとき、どうしてそうなるのか、本人もわからなくて.....

もちろん、親の私もぜんぜんわからなかった。

わからないって、すごく不安なんだよね。


必死になって、いろんな人の話を聞いたり、ネットで調べたりしました。

もしかしたら、精神的な病気かもしれない。

通院したほうがいいの?

それとも、相談機関に行ってカウンセリング受けたほうがいいの?


夫婦で、散々話し合いました。


そんなときに、見つけたサイトで、精神科のお医者さんが、思春期の不登校について書いていました。

『病院に来れば、医者は何らかの病名を探します。

症状回復のために、投薬されることになる可能性が高い。

しかし、思春期の子にとって、それがベストの対処とは思いません。』


そして、そのあとに、こう書いてありました。


『思春期の子にとって一番効果的な治療は、母親の愛情です。

無条件に、子供を信じる強い思いです。

これは、母親だけができる、母親だけが持っている特質です。

理屈に関係なく、無条件で、とにかく信じるのです。

残念ながら、父親にはできません。

母親の持っている母性本能だけが、理屈も常識も超えて、子どもを信じることができるのです。』


正確には、覚えていないのですが、そのような内容が書いてありました。


長女を心配して、悩んでいた私たちには、この言葉が突き刺さりました。

私は、とにかく娘を信じて支え続けるしかない。

常識的に考えて、どんなに無理だと思っても、私だけは娘を信じて支え続けよう。

主人は、もっと客観的に、状況を見守って、これ以上は、危ないと思ったら、そのとき通院しよう。

夫婦で話し合ってそう決めました。


それからは、とにかく、勉強できなくても、起きてこられなくても、ありのままの娘を受け入れて、一緒においしいもの食べに行ったり、カラオケ行ったり、本を読んで話し合ったりしました。

受験に関しては、『大丈夫、あなたにとって一番いい道に、きっと進める』

何の根拠もなかったけど、心からそう信じて、娘にもそう言い続けてました。

結局、早稲田と慶応を受けて、合格できなかったのですが...

受験ができただけでも、すごい!って思えました。

参考書見ただけで吐いてましたからね~。


今年は、高専に戻って、授業も受けられるようになったし、受験勉強もマイペースですが、友達と一緒に、やっています。

「本当に、無条件で、子どもを信じられるのは、母親だけ」

ネットで見つけたその言葉が、私を支えてくれました。

不思議なんですけど、あれから、何回探しても、そのサイト見つけられないんです。

知っている人がいたら教えてくださいネ☆








学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト
  1. 2011/11/20(日) 08:40:48|
  2. 思春期の子どもを理解するために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<結局、自分の子どもは、自分で守らないといけないんだと思います。 | ホーム | 熟語で満点が取れない~!!>>

コメント

1 ■無題

無条件の母の愛…。
子どものありのままの姿を受け止める…。
わかっていそうだけど、なかなか難しいこと。
大きな壁にぶつかった時、不安に押し潰されそうになるけど、それでも最後は信じることなのかもしれないです。
今、まさに大きな壁にぶつかって立ち止まってますが、この言葉に救われました。
ありがとうございます。
  1. 2011/11/20(日) 11:53:43 |
  2. URL |
  3. kana #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■Re:無題

>kanaさん
わたしは、その記事を書かれていた医師が、『医師でも、私にはできない、母親だけの持つ力』という書き方をされていたのに、とても心ひかれたのを覚えています。
不安に押しつぶされそうだった私の心に、光がさした気がしました。
壁を乗り越えられるよう、祈っています。
  1. 2011/11/21(月) 02:18:57 |
  2. URL |
  3. 勉強しなさいといわない教育ママ 久美子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forceclublove.blog.fc2.com/tb.php/661-f5830bc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

勉強しなさいといわない教育ママ

Author:勉強しなさいといわない教育ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
勉強を楽しむ (143)
学習情報 (113)
イーラーニングとは? (7)
フォルスの推薦理由 (25)
体験談 (11)
おすすめ絵本 (45)
ブログ (73)
自己紹介 (7)
フォルスクラブ情報 (98)
子育て (117)
お家で勉強して中学受験合格日記 (49)
夏休みのお勉強 (16)
受験情報 (67)
お気に入りブログ紹介 (52)
学習指導要領 (41)
教頭先生の母親教室 (15)
平均点以上とる方法 (12)
学校生活 (68)
思春期の子どもを理解するために (10)
勉強しなさいと言わないために (17)
中学受験算数日記 (14)
読み聞かせ (12)
音感育脳 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

FORCE Club ユーザー募集
フリープランは、2013/1/6で終了しました。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。