勉強しなさいと言わないで、楽しく受験勉強

5年連続受験生の母をしています! どうせなら楽しく受験勉強をしたい! 4人の子供といろいろ試しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あたりまえのラインが違う!?

勉強しなさいと言わない教育ママ 久美子です。

東大に合格した方のお母さんに、どうやって勉強させたの?って聞いたんです。

「特に何にもしていない」

…っていうから、さらに突っ込んでいろいろ聞いてみたの。


「でも、家で勉強はしてたでしょ?」

「まあ、普通に勉強はしていたけど…」

「どんな勉強していたの?」

「どんなって、普通に、本屋に行って、問題集買ってきて、それをやって、わからないところをチェックして…」

「それ、お母さんがやってたの?」

「え?まあ…そうだけど?」


突っ込んで聞いてみたら、塾とかに通わせたりとかしたわけじゃないけど、小さい頃から、ご自分がずっと勉強見てきてたんだよね。

話聞いて、すご~い!って感動しちゃいました。

でもね、「特別なこと、何もしてない」っていうの。

それってね、別に秘密にしてるとか、意地悪で教えないとかじゃなくてね、本当に心からそう思ってるんだ~って思うの。

話を聞いていて感じたんだけど、彼女にしてみたら、あたりまえのことをしてるだけ。

何も特別のことをしていないっていう感覚みたい。

学校から帰ったら、宿題の他にも、毎日勉強するのはあたりまえ。

子供の勉強を見て、わからないところをチェックして、わからないところがないようにフォローするのもあたりまえ。

定期テストや模擬試験の時に、その結果を分析して、対策をたてるのも当たり前。

本気でそう思っていたんだよね。

親が「あたりまえ」って思っているから、子供も、それが「あたりまえ」って思って育ってるんだよね。

学生は勉強するのがあたりまえ。

その「あたりまえ」って思っていることのレベルが、違うんだな~って感じました。


たとえば、私は、宿題をするのはあたりまえだと思っています。

でも、それにプラスして、毎日やっている勉強は、プラスアルファだと思っているところがあったかな。

やって、「あたりまえ」と感じるラインは、宿題のところにあったわけです。

だから、宿題以外の勉強を自分からすすんでやっていたら、「お!今日は頑張ってるな!」って思うわけ。

でも、このお母さんのあたりまえは、「宿題 + 算数ドリル + 漢字ドリル + 間違いチェック」なんです。

ここまでして、あたりまえ。

日課であるドリルをしていても、特別に、頑張っているとは感じないわけ。

ドリル終わって、間違いチェックも終わって、それ以上やって、初めて、「今日は頑張っているな」って感じるんだよね。

私は、毎日そんなにやってるんだ~、頑張ってるなぁ~って思うけど、彼女にとっては、それがあたりまえなんだよ。

だから、子供に頑張って勉強させているという感覚がないの。

あたりまえのことをあたりまえにしているだけなんだよね。

そして、それが、子供にとってもあたりまえになってるの。

だから、「勉強しなさい」なんて、いちいち言わなくても、あたりまえのように勉強する。

すごいな~って思っちゃった。


それなのに、そのお母さんは逆に、こんなこと言うの。


「毎日のように、塾に送り迎えしているお母さん見ると、すごいな~って感心しちゃう。

私には出来ないわ。」


塾に行かせてるお母さんはそれを聞いて、こう言っていました。


「自分で教えられないから、塾に行かせてるんだもの。

送り迎えぐらい、あたりまえ。

自分で教えられるお母さんの方がすごいと思うよ!」


うちの長男が小学生の頃、ゲームをしたいと言い出して、なかなか勉強しなかったことがあったの。

その頃に、フォルスのパソコン学習初めて、長男はうまい具合に、この勉強法に、はまったから、帰ってきたら、まず勉強するようになった。

最初は、すごい!って思っていたんだけどね。

だんだんそれがあたりまえになっていくの。

それでも、私は、その前の、勉強しなかった時を経験しているから、その時を思い出すと、今はすごいかもって思うけどね。

最初からスムーズに勉強が習慣化していたら、それがあたりまえになって、すごいって思わないのかもしれないなぁ~。

東大に合格した方のお母さんの話を聞いていた時に、そんなこと思いました。


人それぞれ、あたりまえと思うラインが違うんだよね。

この親が「あたりまえ」と思うラインが、子供に影響していくの。

言葉に出さなくても、「このくらいやってあたりまえ」と思っていることが、しっかり子供たちにも伝わっていくんだろうなぁ~

意識的にやっているんじゃなく、無意識だからこそ、なおさら効果的に伝わっているような気がする。

それをすごく感じました。


次は、勉強しなさいと言わなくても、勉強する子供たちの特徴について、感じたことを書きたいと思います。

勉強しなさいと言わないためにの目次はこちら






学力アップの特効薬、イーラーニングのフォルスクラブ
ネットを活用した画期的な学習システム。家族5人学べて月6300円
スポンサーサイト
  1. 2012/05/12(土) 08:39:14|
  2. 勉強しなさいと言わないために
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<分配法則 | ホーム | 中学受験算数日記>>

コメント

1 ■無題

あたりまえ…について考えちゃいました。親子共に頑張らなければいけないんですね。
  1. 2012/05/12(土) 12:11:17 |
  2. URL |
  3. たっくん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■Re:無題

>たっくんさん
うん。
わたしもすごく考えちゃったんです。
自分を見直すいい機会でした。
  1. 2012/05/12(土) 15:16:09 |
  2. URL |
  3. 勉強しなさいといわない教育ママ 久美子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forceclublove.blog.fc2.com/tb.php/855-548f5968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

勉強しなさいといわない教育ママ

Author:勉強しなさいといわない教育ママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
勉強を楽しむ (143)
学習情報 (113)
イーラーニングとは? (7)
フォルスの推薦理由 (25)
体験談 (11)
おすすめ絵本 (45)
ブログ (73)
自己紹介 (7)
フォルスクラブ情報 (98)
子育て (117)
お家で勉強して中学受験合格日記 (49)
夏休みのお勉強 (16)
受験情報 (67)
お気に入りブログ紹介 (52)
学習指導要領 (41)
教頭先生の母親教室 (15)
平均点以上とる方法 (12)
学校生活 (68)
思春期の子どもを理解するために (10)
勉強しなさいと言わないために (17)
中学受験算数日記 (14)
読み聞かせ (12)
音感育脳 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

FORCE Club ユーザー募集
フリープランは、2013/1/6で終了しました。

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。